TRACE for oneself

The Long and Winding RoadⅣ

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

« ブルービー2018 葉祥明阿蘇高原絵本美術館Part2 | メイン | ブルービー2018 阿蘇ドラから産山ヒゴタイ公園へ »

2018年8月27日 (月)

ナミルリモンハナバチの幼生から見る労働寄生に関する一考察ww






なんともなタイトルですが・・・・www









1




ブルービー 和名 ナミルリモンハナバチ




漢字で書くと 波瑠璃紋花蜂






以前は本州以南 全国に生息していたのですが 今は少なくなっていて 






地域によっては絶滅危惧種にも指定されているそうです






2





で このブルービー 自分で巣は作らず





他のミツバチに労働寄生をするそうです







労働寄生っていうのは 他の種類のハナバチ(ミツバチ)の巣に


(どうやってかはわかりませんが 隙を見てww?)卵を産み付けて





3




その巣のハチに子育てを すべて託してしまうこと





なので 他のハナバチが元気に飛び回っている所でしか 




生存できないようです










そこで 今回出会った コチラのブルービー 




6~7mmと小さくて まだ巣立ちしたばかりのようです






4



お尻の方はブルービーの青い模様がついてますが






頭と胴は 色が出てきていません





5











顔のあたりは 他のハナバチと 同じような色をしているのです





6





そこで ちょいと考えてみました





ハナバチの巣って 六角形のカプセルホテルwみたいになってるのですが




ここに産み付けても卵が孵った後 その幼生を育ててもらわなければなりません




そして蛹になり羽化した後もしばらくは





しかも ブルービーだとは 気づかれずに・・・・・






ということで ちょいとペイントを使ったイラストで解説ww







7








見た目が似ていると 大人のハナバチもブルービーだとは気づかないので 




いっしょに餌をもらえるでしょう









でも もし 幼生の頃から 青い紋様が顔に表出していると・・・・・















8





おわかりいただけたと思いますが・・・・(;´∀`)





幼生の頃 顔の紋様が 他のハナバチと似せているのは 



育ててもらうための一種の擬態なのではないか というのが 






本論文wwの主旨であります・・・www








9



元気に育つとよ~(^O^)/








ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~


にほんブログ村ランキングに参加しています

    
ぽちっ☟と 一押し よろしくおねがいしまぁ~す(*'▽')

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村

























Dsc00888001

                
                 ٩( ᐛ )و



にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/615283/34140461

ナミルリモンハナバチの幼生から見る労働寄生に関する一考察wwを参照しているブログ:

コメント

手描きのイラストを見れるとは!゚ヽ(´∀`。)ノ゚うまいわぁ~
鳥の世界では他の種類の鳥の巣の卵を落として産んで育てさせるの知ってるけど
ルリモンハナバチもそうとは!おっどろき
ほんと、いつのタイミングで産むんだ!しかしうまく騙せたかドキドキするな~

こんにちは~^^

オデかけ・・・論文に化けた\(◎o◎)/!
と、思っちゃいました(笑)
どの世界も生きていくためにはそれなりに知恵を使ってるんですね。
生まれた子供は「自分はミツバチや~」とか思ってるのかな?
それともイラスト通りなのか・・・
それは今後の「オデかけ」が解明してくれる!と信じましょう(笑)

今晩は! 
説明を読んでなるほど~と納得しました。蜂は色覚があるんだと思って(無知でお恥ずかしいです)調べたら人間と色の見え方が違うんですね。。。自然界の摂理は凄いですね。

ゆうさん ありがとうございま~す ^^) _旦~~
思い付きでマウスで描いちゃいました(^^;
笑っていただければ 幸いで~す(*^_^*)

托卵ってありますよね ブルービーも同じような感じなのでしょうか?
でも大人のブルービーも 一生懸命蜜を集めているので
一緒に育ててるのかなぁ~ とも思うのですが そのあたりの詳しい
情報はわかりませんでした
 
わからない?っていうのも面白いですね(^-^)

今回ちびブルービーにも出逢えてラッキーでした~(*'▽')

オヤジールさん いらっさいませ~(*'▽')

はい(^^; ブルービーがハナバチに化けるのと同じように・・・www

今回ちびブルービーを初めて見つけて 色の違いにビビッときましたwww
お尻は青でも顔がクリーム色の毛だと大丈夫なのかなぁと(*'▽')
尻を隠して 頭隠さず ですねwww

たしかに自分ではどう思っているのでしょうね??
おもしろいですねぇ

えっ!? 解明??!! 研究資金が・・・・・wwww

アレックくんママさん ありがとうございま~す ^^) _旦~~

納得していただいて・・・www
いや何の根拠もない 思い付きなのですが(^^;

ハチや昆虫は色覚が違うらしいですね
紫外線で見分けるとか・・・
複眼のトンボとかも どんなふうに見えているんでしょうね(^-^)

そんなとこも ブルービーは上手にかいくぐっているんでしょうね

生き物 凄いです\(◎o◎)/!

コメントを投稿