TRACE for oneself

The Long and Winding RoadⅣ

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

アクセスランキング

« 麦日記四十二穂 HAPPY BIRTHDAY | メイン | 麦日記四十三穂 どんちゃん! »

2016年7月 2日 (土)

嘉麻市 de うろちょろ3 鮭神社


                 
小野谷あじさいロードを楽しんだ後 もう一軒ww もう一件行くよ~ぉ!

・・・・・って、その3 UP遅すぎだって・・・・(^^ゞ 

Dsc_2006059



R211沿い 大隈区公民館にオデをとめて


Dsc_2032082


                 
すぐ目の前


Dsc_2033083


全国でも珍しい 酒を・・・・・もとい・・・・・鮭を祀ってある


Dsc_2034084


                 
鮭神社です  


金属製の鳥居 材質は・・・?銅?

Dsc_2036086




            

Dsc_2037087



一の鳥居をくぐって 民家の横を抜けると神社らしいこんもりとした緑が見えてきます


Dsc_2038088




神社前 石造りの鳥居


Dsc_2039089




傍らには以前の一の鳥居かな?


Dsc_2042092


素敵な苔むし物件ww


Dsc_2044094



広々とした境内とオープンな社殿


Dsc_2046096




小道から見えた緑はこちら


Dsc_2048098




樹齢700年の夫婦クス



Dsc_2051101




存在感あります


Dsc_2050100



ちゃっかり着生しているノキシノブ


Dsc_2052102




それにしても何で福岡に鮭神社??


鮭といえばやっぱり北海道や東北のイメージだけど 



遠賀川は昔から鮭が溯上する最南端の川なのです\(◎o◎)/!

でも、炭坑や生活排水で川は汚れ、途絶えていましたが、昭和53年に帰ってきたことをきっかけに、鮭の稚魚を放流する活動もされていて、秋には数匹の鮭がもどってくるそうです


溯上した鮭は昔から「神の使い」とされていました




その鮭を祀る鮭塚(ありゃ塚が写ってないぞ・・・^_^;)



Dsc_2054104

毎年12月13日は溯上してきた鮭を祀る献鮭祭が行われています



さてさてオープンな社殿へ

Dsc_2060110


お参りをした後、靴を脱いで社殿の中へ


「大明神」っていいですよね(^.^)

Dsc_2061111



中には数々の奉納絵 奉納額

Dsc_2062112

やっぱり鮭です

Dsc_2063113

福岡の神社、あちこちで見かける黒田二十四騎の額  年季入ってます


Dsc_2064114


Dsc_2068118




Dsc_2067117



Dsc_2071121


天井絵も素朴な感じです


Dsc_2072122

            
海つながりかなww



Dsc_2074124




ご本殿の鬼面は こちらも梁をはむはむ  このタイプ好きです



Dsc_2078128



末社 摂社の祠


Dsc_2082132




Dsc_2086136




現在と1200年前を鮭がつないでる 素敵な神社でした(^◇^)




ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~



にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村


夫婦クスに・・・謎のパイプ??ナニコレ????


Dsc_2049099



あたいは キャンディーちゃんをはむはむww


Dsc02210001

にほんブログ村 犬ブログ シェルティーへ
にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/615283/33856575

嘉麻市 de うろちょろ3 鮭神社を参照しているブログ:

コメント

鮭神社かぁ・・・鮭(さけ)なのか鯉(こい)なのかどっちだって思ったわ
へぇ~~、鮭を放流してるんだ~~
しかも何匹か戻ってくるの?
鮭=いくら 戻ってくるのか~~捕まえたりはしないのかな・・
楠の木のパイプは、ん~~自動水やりとか?
一日二回パイプから水が出て来る・・・
もしくは、中が腐らないように空気抜け・・・(妄想)

ゆうさん、いらっしゃいませ~(^O^)/
R211は何十回も通っている道なのですが
通り過ぎるだけで立ち寄ることはありませんでした^_^;
でも、こんな物件が国道沿いにあるなんて、嘉麻市・・・凄しっ!

戻ってきた鮭は捕まえて、鮭塚に祀るみたいなんだけど
やっぱり最後は食べるのかなぁ??
この地域の方は鮭を神の使いとされているので
鮭を食べちゃった後は、「あれは鱒だった。」と言うとか・・・!!

楠の木のパイプ、そっかぁ~!!
空気抜けに一票ww!!!

コメントを投稿