TRACE for oneself

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

The Long and Winding RoadⅣ

Lewa Lewa

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

« 2015年5月 | メイン | 2015年7月 »

2015年6月

2015年6月30日 (火)

たまには映画館へ


映画館で観たい映画がありました!

 

Dsc07730




                       
映画館に来るのは3年ぶりくらいかな。





映画館って、公開中や公開前のポスターや立体ポップを見るのも楽しみなんですよね。



Dsc07733

 

Dsc07736




 

Dsc07737



Dsc07740

 

 

で、今日見に来たのはコチラ!!


「マッドマックス 怒りのデスロード」 原題は「MAD MAX FURY ROAD」

                      
そのままの方がいいなぁ・・・・。


Dsc07741

 

「マッドマックス」は1979年公開のオーストラリア映画。

メル・ギブソンの出世作で、2、3まで作られていました。

「1」では警察官と暴走族の闘いを描いたものだったのですが、
                

P0593



「2」からは様変わり!いきなり荒廃した近未来で、石油を巡る
闘いが描かれます。




C9de610fb6cb9bdaa509a1104ad0964f


「北斗の拳」に影響を与えた作品としても有名です。


 
                    

「3」もその流れを引き継いでいるのですが、優しい雰囲気とファンタジックな展開もあり、評価は分かれているのですが私は「好き」です。

27504827_2

 

で、今回「4」は「3」から実に30年ぶりのシリーズ復活になりました。


 

そして、何よりも嬉しいのは、監督が1作目から変わらずジョージ・ミラーなのです!!
              

35b886dc



ジョージ・ミラーはマッドマックスシリーズ製作の後は、

子豚が主人公のコメディ・ファミリー映画「ベイブ 都会へ行く」(1998)や

Img10381254454_2




子どもペンギンがタップを踊る、アニメ「ハッピーフィート」(2006、2011)シリーズの監督をされた方です。

「ハッピーフィート」はアカデミー賞長編アニメ部門受賞作品なのでご存知の方も多いと思います。

Img_0072_1


「ハッピーフィート」の世界と「マッドマックス」の世界と、

どこでリンクしているのかとても不思議です。




                          


さて、映画館の世界に戻って(^。^)



映画のお供には

Dsc07734_2





これしかないでしょっ(^O^)/


                     

Dsc07742





いざ、スクリーンへ

                

Dsc07743





座席は一番後ろのカップル席(*^_^*)


Dsc07744

 


ここからのスクリーンの眺めが、ピシャリでした。


それにしても、壁、けっこう派手だなぁ(笑)



そして、ここからは・・・・






Photo



あっという間の2時間。


映画レビューは、「いたしませんっ!」



というより「できませんっ!」、「おまかせしますっ(笑)!」「見てくださいっ!!」





車、バイク好きな方なら、きっと楽しめると思います。



KBCの「アサデス。」という番組の中で、おすぎさんが言ってました。

「この映画を見る時、な~んにも考えちゃダメ!!」

 

その通りだと思います(^。^)・・・・・・・いや、レビューになってるじゃん(^_^;)

 


YouTube: Mad Max: Fury Road - Official Main Trailer [HD]

 


パンフレット売り場って、今もあるんですねぇ・・・・・・・・うずうず・・・・・・・・・・


Dsc07748






                         

はい!お買い上げ~(爆)





Dsc07751



パンフレットを買ったのは、1982年の「爆裂都市 BURST CITY」以来かな(笑)

Sim

その前は「狂い咲きサンダーロード」だよ。

20130810_ffdf9b



33年ぶりにパンフレットを買っちゃった映画でした(^O^)/

 

※今回、あちこちの知らないサイト様から、ご協力いただきました<(_ _)>

 

 

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~





ポチっ↓としていただくと、ばっさ喜びます(^O^)/

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へにほんブログ村




                
 

夫婦50割を使って、一人1100円!50を使っちまったぜ!!

 

Dsc07731


 

2015年6月24日 (水)

水無月ドライブ4 雨ニモマケズ滝巡り


「その2」くらいでまとめようと思っていたのですが、はい「その4」です(笑)




ところでこの日の「オデかけ!」はつれあいさんと二人連れ。

娘は仕事、息子は勉強(のはず)。

 


で、ここまで3カ所巡ったのですが、そのうちつれあいさんの参加は普光寺のみ(笑)




Dsc07599090

                   

鶴原のメンヒルと若宮井路ではオデの車内で爆睡中(爆)

 

Dsc07580072Dsc07648137

 

                     

そんなつれあいさんがばっちり目を覚ます物件!!!

 

それは・・・・・・・・・・・・・・・

 








 



 

 

 

 

お昼御飯ですφ_(*゚▽゚*)_ψ

 

Dsc07655143



ちょっと遅めになったけど、掟に従い、こちらはR502沿い、道の駅原尻の滝のレストラン。

とり天定食 さっくさくのとり天たっぷりに、ご飯、味噌汁、小鉢が4つもついて

880円な~り~



Dsc07656144

けっこうな量だったけど、しっかりいただきました(^人^)

今回、岡城址も予定していたのですが、雨のため予定変更。

 

再訪になるけど、つれあいさんは初めてなので、こちらに寄りました。

 

あいにくの雨だけど、雨なら水量も・・・・・!!!!

 

 

Img_2627155


予想通り!!前回来た時より水量が半端なく多く、凄い迫力!!


滝壺のあたりは飛沫で白くなっています。
                     

Img_2631159


ぼよんぼよん揺れる吊橋も、傘をさして、右手にはSX50HS。
                            

こんな時、片手操作ができるコンデジは便利です。
                            

       

Img_2636164


正面から見る原尻の滝

Img_2641169




写真ではあまり伝わらないんだけど、けっこうな高さなのです。



Img_2638166


Img_2651179

 

Img_2659186






はい、ここまできたらもう一件

 

リベンジ物件は室町時代に雪舟も訪れ、描いたという沈堕の滝。

(当時は大変だっただろうなぁ)

 

何がリベンジかと言うと、昨年1月、沈堕の滝は堰堤の工事のため水がなかったのです。

Dsc03621



水のない沈堕の滝の記事はこちら!

 
                                 

これはこれでよかったのですが、やはり水が流れている所も見たいですよねぇ。


 


ということでこの日の沈堕の滝!

 

 

 

Img_2663190

今度は水多すぎだって(笑)  逆に岩肌はほとんど見えません(^_^;)

                 

音も凄いんです(@_@;)






堰堤上部はなだらかな造りで、白水ダムにも似ています。



Img_2673199

 
              
                   

Img_2664191



では、飛沫が飛んできそうな写真を

Img_2666193



Img_2668195


Img_2670196


無事、リベンジできました(^O^)/

Img_2685211



写真手前の、水力発電所の遺構も見所ですよ!!




                                         

R502~R442とつないで帰路につくと、いつの間にか雨も上がり・・・・

                  


涅槃像が雲をかぶっています

 

Dsc_4986027



木々から白い霧が立ちのぼる素敵な景色に出会えました(^O^)
            

                

Dsc_4990031



                 
あっ、オデ!!
         
    

Dsc_4993034


 

この後、ぜーんぶ下道を通って、「水無月ドライブ」無事終了~っ!!


走行距離430km、燃費12.7kmでした。



               

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~



ポチっ↓としていただくと、ばっさ喜びます(^O^)/

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へにほんブログ村



 

三愛で禄太郎さん、ゆうさんおすすめのこちらをげっと!美味いっ!!

Dsc07661148

2015年6月21日 (日)

水無月ドライブ3 若宮井路 笹無田石拱橋


では、その3!今回開き直って一カ所ずつ??




普光寺を出てR57を少し市街地がわへ


Dsc07624113



若宮井路 笹無田石拱橋 


こちらの橋は1917年製!石造り二連アーチ、長さ59m、幅4m、農業用の水路です。

 

Dsc07639128




Dsc07641001tDsc07640129_2

 

この辺りには石橋の水路がいくつもあるのですが

 

こちらの見どころは、なんと言っても、すぐ横をJR豊肥本線が通っていること。



                      
二つの橋は笹無田川を跨いで、そして鉄道の上をさらに小さな水路が跨いでいます。 


 

Dsc07627116

 

脇道を少し登ると、線路も見えてきました。
  

                         

Dsc07629118


               
そして、さらにこんな道を登って、
                

Dsc07630119


農繁期なので水路には勢いよく水が流れていました。笹舟作って流したくなります(^O^)

Dsc07631120


Dsc07637126




                       

そうそう、このアングル!大分むぎ焼酎二階堂のCMにも使われていた場所です。

 


YouTube: 大分むぎ焼酎二階堂CM「未知の力」編

 



 

Dsc07635124_2


 

ちょいとアングルを変えて

Dsc07633122

 



鉄橋の橋脚も円錐形の石造り
        
   

              

Dsc07636125


ここで準備しておいた豊後竹田駅の時刻表を見てみると、15分ほどで下りの列車が通りそう!



でも、豊肥線の下りってどっちから来るんだ???




わかんないまま雨の中、左手で傘をさして右手に百式(RX100)を連写モードにして、ひたすら待機(笑)




音だけが頼りなんだけど、すぐ横のR57のトンネルを通るトラックの音が紛らわしいことww








まだぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
















まぁだぁ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・












                                        




で、とつぜん!!







グオン  グオン  グオン  グオン  グオン  グオン  グオン

 






キタ━━☆゚・*:。.:(゚∀゚)゚・*:..:☆━━━!!

 

 

Dsc07647136

 

でもシャッタースピード遅かった~(笑) 



Dsc07649138




Dsc07651140



いえいえ、それでも満足なのでした(^O^)/


 

豊肥線の下りは、大分方面行きでした(笑)




ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~




ポチっ↓としていただくと、よく喜びます(^O^)/

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へにほんブログ村



雨の中だけど、まだまだ行くよ!

Img_2633161

 

水無月ドライブ2 紫陽花と岩窟と磨崖仏

ずいぶん間が開いてしまいましたが、大分への「水無月ドライブ2」です。

 

 

 

この時期に竹田市周辺をもう一度訪問したいなぁ、と思わせたのはこちらの物件。

 

Dsc07589081

 

駐車場から、長閑な坂を降りて行きます。

Dsc07592083



苔むし具合が、また半端ないです。(最近こういう物件が多いなぁ。)

          

Dsc07593084


Dsc07594085



苔を見ているうちに、はい、到着。


豊後大野市普光寺です。

Dsc07595086

 

「鎌倉時代におこったとされる普光寺は普光山筑紫尾寺と呼ばれていました。しかし江戸時代初期に『筑紫尾』が『畜生』に聞こえるので、『筑紫尾』を山号として普光寺と名前が改められました。」

 


磨崖仏と岩窟と紫陽花の景色がいきなり広がります。


Dsc07596087


Dsc07601092


磨崖仏も岩窟も魅力を感じていたのですが、やはり紫陽花の咲くこの時期に行きたかったのです(^O^)

Dsc07605095



Dsc07604094_2


ますます雨が強くなってきました(T_T) 

 

D5200は懐にしまって(笑)、傘をさして百式(RX100)で片手撮影。

                           

Dsc07609099
                    

 


約800年前につくられたとされる、全国でも最大級の磨崖仏の下を通ります。


中央が不動明王。右が矜羯羅童子(こんがらどうじ)、左が制多迦童子(せいたかどうじ)。

Dsc07611r001

 


本来、不動明王は怖い顔をしているのですが、風雨の中で角がとれたのか、みんな優しそうな表情になっています。



岩窟は音楽ホールです。

この壁がこの辺りの地質が阿蘇の噴火でできた凝灰岩だとわかります。

Dsc07617106_2



左手に急な階段もありますが、右手の舞台下に登りやすい階段があります。

Dsc07616105

ステージからの景色

 

Dsc_4959001

Dsc_4970012

                      

広々としたステージは、岩窟が屋根代わりになって、ちょうどよい雨宿り。



天井にはこんなものも

Dsc_4962004
                       

すでに廃墟になっているようです。




日によっては電子ピアノで自動演奏されているそうですが、今日はお休み。

Dsc07615104

Dsc07614103

Dsc_4981022


広々したステージから見る、磨崖仏
             

Dsc_4979020




そして、奥には懸造りの護摩堂

 

Dsc_4963005



この雰囲気、いいですよねぇ。



Dsc_4965007

                          

護摩堂の奥の壁には多聞天の磨崖仏

Dsc_4966008




Dsc_4967009


水無月ドライブ3へ 続く

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~



ポチっ↓としていただくと、はげみになります(^O^)/

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へにほんブログ村


 



ちょっとペースあげなきゃ!

Dsc07620109

 

2015年6月15日 (月)

水無月ドライブ1 大分 鶴原のメンヒル~岩瀬天神社

梅雨の時期だけど、曇りの予報なので水無月ドライブに出発!



大分道玖珠SA
                          

Dsc07544038

そういえば前回ここで休憩した時は、その後確か雨に・・・・・・☂



九重ICから四季彩ロードへ

 

Dsc07546040

久しぶりに牧ノ戸峠を越えて、三愛からR442へ


あざみ台でも、空はまっちろ。
                

  

Dsc07549043

                                       
でも、今日は爽快な空でなくてもよい物件を巡るので、曇りであれば大丈夫(^。^)

 



というわけで、今回は大分県竹田市周辺に「オデかけ!」


竹田市へは昨年1月以来です。


 

R442から竹田市の三差路を右折、R57を南下します。



 

4.5kmほど、「松本公民館先」を右折して、こんな場所。

 

Dsc07551045




Dsc07553046

 

最初の訪問地は柱立神社、「鶴原のメンヒル」という巨石のある神社です。

  

Dsc07555048



南側の鳥居をくぐって、なだらかな坂を登ると



Dsc07556049

 


小さな神楽殿が




Dsc07558051

 



その左手に、二柱の巨石(メンヒル)  見事です




Dsc07574066

 

Dsc07580072


                     


 

二つの説明板 ・・・手抜きとも言う(^_^;)

Dsc07559052


Dsc07560053_2

 

 

 



あるサイトさんによれば、この二基の巨石の隙間は「夏至日没、冬至日の出ライン」を形成しているとのこと。




Dsc07568061



阿蘇溶岩の自然石で、看板には残食とありますが、この配置は人の手によるものと感じました。



なんとも神秘的な佇まいです。



Dsc07572064


北側  こちらから見るとまた印象が違います。

より人工的な感じがします。



Dsc07571063


巨石に寄り添うように、神楽殿と御本殿。

Dsc07566059

 

Dsc07576068

 

 

境内には他にも巨石が



Dsc07573065






北側の横たわる巨石



Dsc07577069






登って来た道とは別に、東側には古くからの参道の急な階段があります。

こちらが元々の参道だったのでしょう。

 

Dsc07562055

Dsc07579071




Dsc07581073
                      

扁額の文字は読み取れません。

 

Dsc07582074


神社のご由来はわからなかったのですが、

古からの謎といっしょに時間が止まっているような素敵な神社でした。

 

 

Dsc07567060



ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

 

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へにほんブログ村



 

オデを停めた近くに岩瀬天神社というお社があります。


小山のふもと、中央に白いものが見えますよね。

Img_2625153


雨が落ちだしてきたので、SX50HSのズームで

Img_2622150


ここまで見れました\(◎o◎)/!・・・・・・・って、また手抜きじゃん(^_^;)

Img_2626154

 

 

2015年6月 7日 (日)

紫陽花だより

いつの間にか、九州北部も梅雨入り。




でも、この日は快晴sun




暑くもなく寒くもない ちょうどよい日




久しぶりに花だより




Dsc_4841045






Dsc_4832038







Dsc_4874078







Dsc_4846050






 

Dsc_4883086






Dsc_4902105

 





Dsc_4885088









いつもの鎮国寺からでした(^。^)

            
                   

                            

Dsc_4821027

 



                                       
ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へにほんブログ村





紫陽花もだけど

                         

鎮国寺は菖蒲も見頃ですよ(^O^)



Dsc_4806012