TRACE for oneself

The Long and Winding RoadⅣ

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

« ありがとう  さようなら | メイン | 紫陽花だより »

2015年5月31日 (日)

「リノ」ロス~近況








                      
「リノ」ロスから・・・・・




                        

Dsc04060001






少しずつ、「いない」日常を受け入れられるようになってきました・・・・・・・・・・   

 

 

 

 

 

 














ならなきゃね(^.^)





 

Dsc_2002001

                  







                         
                                               

私「リノの遺骨、どうする。」





                      

    

つれあい「自然の中に散骨もいいんじゃない。」



           



 

私「自然って、どこに?」

 



                 

     
             

つれあい「散骨と言えば、・・・海かなぁ。」


 

 






 

               

                  

私「・・・・リノ、水に濡れるのきらいやったやん・・・・・・」 ・・・・・・・・ (^_^;)



                                         

 

Dsc07541001



               
             


ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

 



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村




トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/615283/33421277

「リノ」ロス~近況を参照しているブログ:

コメント

久々に覗いてみて驚きました。11年とはちと早いですね。
悲しみを癒すのは「時間」以外ありませんから、とにかくゆっくり。

我が家のちび太もいつどうなっても不思議でない年齢になっている
だけに他人事とは思えません。

生き物を飼うっていうのはこういうことを想定してのことではあるんですが、やっぱ凹みますよね。
私も猫をなくした時はガックシきました。
ペットとは飼い主に依存するものですが、飼い主もペットに依存してたんだな。

人も動物もな~んにも違わないのです、サヨナラが辛いのは。
リノが残してくれたものはきっと大きいはず。
命を削っても与えてくれたこの経験を特に子供さんと一緒に乗りきって下さい。

禄太郎さん、ありがとうございます。
11年・・・、もう少しいっしょにいたかったなぁ、と思います。
でも、それが寿命だったのかとも思います。
「時間」と、そしてなぜか「仕事の忙しさ」が「お薬」のようです。
ちび太くんも、どうぞ長生きできますように。

lewalewaさん、ありがとうございます。
もちろんその日を想定はしていたのですが
実際にその日が来ると、こみ上げるものがありました。

「想定」と「現実」は「心」の持ちようが違うようです。
おっしゃる通り、こちらもしっかり拠り所としていたようです。

jimyさん
一つ屋根の下に住んでいると、ほんと生き物は皆同じですよね。
上の子が関西から帰ってきて逝ったのも、巡り合わせかも。
毎日のように、リノの話はしているのですが、元気です。
元気にならなきゃね!
ありがとうございます!!

まずは、ご愁傷さまでした。
うちにも6才のエディというトイプーが
いますので、辛さが手に取るようにわかります。
先日もかみさんと、こいつがいない生活は考えられないねって
話したばかりでした。

心の中に、在りし日の思い出を大切にしてあげることが
一番の供養のような気がします。

eddyさん、ありがとうございます。
もう1カ月が経ちますが、
やはり「そこに、いない」のは淋しいです。
昔の写真を見ながら、家族でも
「ああやった、こうやった!」と話しています。

エディくんとたくさん楽しまれてくださいね!

コメントを投稿