TRACE for oneself

The Long and Winding RoadⅣ

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

アクセスランキング

« サイクリング!&動物の森 海の中道海浜公園 | メイン | 軍艦島とARB »

2014年10月21日 (火)

ちはやふる金の岬~鐘崎 織幡宮


「ちはやふる 金(かね)の岬を過ぎぬとも 我は忘れじ 志賀乃すめ神」(万葉集)





ここに詠まれている「金の岬」が「鐘ノ岬」。

漁師町で有名な宗像市鐘崎にあります。

 

今回はこの鐘ノ岬、織幡(おりはた)宮(織幡神社)に「オデかけ!」 




地元の方々からは「シキハン様」と呼ばれています。

 

 

 

 

Dsc05682

 

織幡宮は927年の延喜式神名帳に記載のある 神社です。
                                 

宗像では宗像大社(沖津宮、中津宮、辺津宮)、そしてこの織幡宮が式内社です。


これに鎮国寺を加えて、宗像五社と言われます。



 

岬の突端、小高い佐屋形山の中腹にご本殿があります。 

 

 

Dsc_2127

 

一の鳥居をくぐると、左手に巨石が!

 

Dsc_2124

 


鐘崎には昔から、「海の向こうから運ばれてきた大梵鐘が岬近くの海中に沈んだ」とされる沈鐘伝説があります。これは鐘崎という地名にもつながっているようです。

室町時代には宗像大宮司氏興、江戸時代では黒田長政が引き上げを試みたそうですがいずれも失敗したそうです。

そして、大正時代に山本菊次郎という方が挑戦しました。 その時引き上げられたのがこの巨石なんだそうです。(※)


余談ですが、この山本氏、筑豊の方なのです。

当時の筑豊が炭坑により、とても栄えていたことの証とも言えるでしょう。 

そういえば数十年前(笑)、こちらの漁師さんが「一番いい魚は昔は筑豊に持って行きよった。」とおっしゃっていたのを思い出します。

(※参考HP Munakata Digital Museum) 

 

 

右手には海女の像。

 

Dsc_2125

 

鐘崎は日本海沿岸の海女の発祥地と言われています。 

 



二の鳥居の先の参道は木々に包まれています。

 

Dsc_2148

 

その奥には階段


Dsc_2133

 

鐘崎の港が見えます。
 

Dsc05683





幾何学的な枝(笑)


Dsc_2138





時の流れを感じさせる狛犬くん。
(クリックすると大きくなります)



Dsc_2141Dsc_2140

 

 

ご本殿

 

 

Dsc05687





Dsc05699




緑に包まれて、とても静かな雰囲気です。

Dsc05694




ご本殿を右手に行くと、織幡宮の御祭神 武内宿禰(たけうちのすくね)が沓を残して昇天したと伝えられる沓塚(くつづか)があります。

 


Dsc_2142


                                        
武内宿禰は古事記、日本書紀に登場し、棟梁乃臣・大臣として五代の天皇に仕え国政を補佐した人物です。生誕は84年、死没は367年\(◎o◎)/!また、その年齢も280才から360才まで諸説あるそうです。そのため、1人の人物ではなく、親子にわたって同じ名前をつけたか、その職に就いた人が名前を引き継いだか・・・・想像するのも楽しい世界です。

ここも岡垣高倉神社と同じく、神功皇后の三韓征伐との関わりが登場します。

その際に武内宿禰が織った紅白2本の旗をつけ敵を翻弄したとのこと。その旗を織ったのがこの地であるとされています。 by Wiki ( ..)φメモメモ


まだまだ逸話のある方です。



神社周辺の森はイヌマキ天然林として、県の天然記念物に指定されていました。

Dsc05692

 

Dsc05696



 

Dsc05697



 


 

Dsc_2143




「願い事はこちらへ」と書いてあった今宮社


Dsc05700





今宮社の小さな祠。縁起はよくわかりません。

 

Dsc05702



織幡宮を出て、海側には恵比寿様があります。
            
                       

恵比寿様は漁港によくあるのですが、これも日本書紀からの流れだと思います。



Dsc_2153




地島(じのしま)がとても近くに見えます。




Dsc_2157




ここには以前、旅の劇団の方々が公演をうつ芝居小屋「玄海パレス」がありました。


Dsc_2161




織幡宮も地元の方々にとても大切にされている神社でした(^○^)。




ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~



ポチっ ↓ としていただけると励みになります(^O^)/

 

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村  ワーイッ♪ヘ(^ω^ヘ)(ノ^ω^)ノワーイッ♪!!






津屋崎干潟にこの子たちが戻ってきました!!

 

Img_2373


いや・・・・きみは一年中いるから・・・・・・・・・(笑)

Img_2376

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/615283/32813347

ちはやふる金の岬~鐘崎 織幡宮を参照しているブログ:

コメント

またまた雰囲気のいい、しかもかなり立派な物件を開拓してくれましたねぇ。
HAL64さんの記事のおかげで、宗像周辺の訪問候補地がこれで四ヶ所になり
ました。かる~く一日で巡るのにちょうどいい感じです。

今回の記事(だけじゃないけど)はBSジャパンの「神社百景」みたいです。
録画していたのを昨日たまたま見たんで、何かそんな感じがしましたよ。

禄太郎さん、いつもありがとうございます!
織幡宮は式内社なのですが、ご覧の通り静かな神社です。
境内には巨木ではありませんが、小賀玉の木や武内宿禰が植えた銀杏の子孫の木がありました。

宗像周辺にこちらも含めて四ヶ所もあるのですか!!どこだろう????
ブログをしていて、候補地に挙げていただけるのはとてもうれしいです(^O^)/
楯崎神社奥の院、薬師神社はおススメです!

「神社百景」さすがBSジャパンならではのタイトルだと思いました(笑)

コメントを投稿