TRACE for oneself

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

The Long and Winding RoadⅣ

Lewa Lewa

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月21日 (火)

大分 竹田へドライブ その3 豊後大野市 百枝鉄橋~原尻の滝

では、続きっ!!(そんな雑な始まり方って)

Dsc03620
 

期間限定、スッピン岩肌公開中!沈堕の滝の次のスポットは、

 

K26を戻り、R502を東へ進むことわずか1kmほどで見えてきました!


 

JR豊肥本線、三重町駅と豊後清川駅の間にあるこちら、百枝鉄橋!!

Img_1933

岩盤のトンネルからいきなり鉄橋になっています。


 

それにしてもこの断崖、半端ない高さです(@_@;)


 

トンネル上部の幾何学模様は何でしょう??(教えて鉄っちゃん!!)

Img_1932

  

反対側から。いい感じです(^.^)

    

豊肥本線は七つ星のルートでもあるのです。

 

Dsc03636

     

ここを走る列車を撮りたいなぁ・・・・・、と思って実は準備していた時刻表!!

 

Img_1918


「そろそろ上りの来る時刻」と待っていて、ちょいと目を離したすきに\(◎o◎)/!

 

やってもうたぁ~~~orz

  

Img_1923

かろうじてトンネルの端が写っていますが、残念o(*>Д<)ゝ

 

Img_1930

まっ、私の人生、こんなもんです(そんな大げさな〈笑〉)。

 

でも、この鉄橋に会えて満足です(^O^)/

次の列車までは時間があるので、ここは撤退!

またの機会があればチャレンジしてみましょう。





そして、本日最後の訪問地。

R502を西に向かい、メジャーな観光スポット豊後大野市「原尻の滝」へ。

 

原尻の滝はR502沿いのその名も「原尻の滝入口」の交差点から入るとすぐです。

Dsc03665

  

こちらには道の駅もあり、観光地として人気です。

久しぶりに人に会えました。(ここまでの訪問地、季節のせいか、だ~れにも会えませんでした(゜o゜))

 

ではこちら、日本の滝100選にも選ばれている、幅120m、高さ20m、「東洋のナイアガラ」と言われることもある(いい加減な日本語)、原尻の滝です。

 

Dsc03637


滝の前には吊橋、滝見橋。

    

Dsc03640

Dsc03641

 

実は最近急に高所恐怖症気味になってきたHALですが、克服のため

「へいき、へいきっ(゜▽゜=o)♪」っと自分に言い聞かせながら渡っていきます。

 これ、けっこう揺れます゚。・ヾ(。>д<。)ノ・。゚



橋の真ん中あたりから、滝を眺めると、

Dsc03644

   

何とか橋を渡りきった所で(よくがんばった!!!!)


こんな看板発見!!

  

Dsc03651

はい、ふだんは「のどごし生」ですが、

ハレの日?には「一番搾り」を飲んでいます(^O^)/

Dsc03653

  

うん、やめた方がいいと思います・・・・・・。

Dsc03652

ご覧のように滝の上に遊歩道はありますが、無粋な柵はないのでいい感じです。

  

Dsc03662

   

自然な水の流れが作り上げたふたつとない岩の形。





そして、ここでHALの目を引いたのが!!



緒方川に佇む、八幡宮の鳥居。川に建っているのは初めて見ました!

Dsc03669

  
写真左奥の八幡宮本殿に向かって、川の中を参道が通っている感じ。

    

Dsc03670

 
水量がそうでもなかったせいか、壮大ではないですが、流れ込む川からの流れが素敵な滝でした(^.^)。



竹田市にはまだまだ見たかったポイントがあるのですが、それはまたの機会にして、そろそろ帰路につかないとね。

緒方川にかかる原尻橋。

Dsc03668



大分 竹田周辺ドライブ三部作(ただ単に3回に分けただけ〈笑〉)

  

この日の走行距離470kmでした。





ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~


にほんブログ村ランキングに参加しています。

ぽちっ ↓ と一手間いただけると(ブログ村のサイトにとびます)さらに喜びます

ワーイッ♪ヘ(^ω^ヘ)(ノ^ω^)ノワーイッ♪!!!

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ にほんブログ村

このあと、R502、R442、R387で小国へ戻り、久しぶりにR212で日田に向かいました。杖立温泉をスルーするきれいな道路ができていてびっくり!(今さらかな)

 

そして、日田市内では久しぶりの想夫恋(いつもは飯塚店ですから)。


トッピングメニューで「スパイシー」なるもの発見!!

右のスパイシーカレースープがついて315円増し。

Dsc03673

 

このスープをかけて食すのです・・・・

 

・・・HALはノーマル派でした!!!

 

2014年1月19日 (日)

あえました!クロツラヘラサギ!!~福津市 津屋崎干潟



1月なのにポカポカ陽気!!

ブログの流れからすると、今回は「大分 竹田へドライブ その3」になる予定でしたが、ちょっと寄り道!


昨日(1月18日)、TBSの「世界ふしぎ発見」という全国ネットの番組で、宗像が特集されたこともあってか(私は見ていないのですが・・・)、宗像大社の駐車場は満車状態\(◎o◎)/!

メディアの力って凄いです(@_@;)。

 

そんな日曜日、
最近のHALのふぅぇ~ぃばりっとスポットになっている津屋崎干潟へ「オデかけ!」

と、いっても自宅から15分くらいしかかからないんですけどね(笑)。

 

いいお天気の元、

Img_2002_2



いつもの干潟

 

Img_2016

  


いつものコブハクチョウくんたち(今日は4羽になっていました)

       

Img_2010



いつもの景色・・・・・・ん?・・・・・・・・んん??

んんんんんんんん??????????



Img_2020



き、きみは、も、、、、、もしかして!!!???

 

Img_2024

Img_2027



ク・・・・クロツラヘラサギくん?????


クロツラヘラサギくんだぁヾ(o´∀`o)ノ


あいたかったよぉ~~~。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。





でも、あっという間に去っていってしまいました(゜o゜)





でもでも、HALのために(?)仲間を連れてもどってきてくれましたぁヾ(*≧∀≦)ノ゙

 

  

よ~く見てみると、ヘラサギくんとの混合の群れのようです。 

Img_2040

くだらないナレーション抜きでどうぞ。

Img_2042

Img_2048

Img_2052

 

Img_2054

Img_2061


クロツラヘラサギくんとヘラサギくん、全部で9羽の群れ。

ともにコウノトリ目トキ科に分類されるそうです。

クロツラヘラサギは絶滅危惧種に指定されていて、世界に2000羽ほどしかいないそうです。



Img_2064

 

Img_2051



こんな所から撮っています。さすがSX50HS!!



でも、バズーカも欲しくなります(その前に一眼か〈笑い&経済的にムリっ〉)。

 

Img_2073

全部ノートリミングです。

Img_2111



しゃもじのようなくちばしがキュート!!

 

Img_2117

Img_2119

Img_2120

Img_2122

動画からキャプチャー、9羽写っています。

Photo

              

ここでしっかり体力を蓄えて、次の渡り、がんばってほしいなぁと思いました。




「笑点」は見逃したけど、よい日曜日になりましたぁ(^O^)/
  

Img_2130

   

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~


にほんブログ村ランキングに参加しています。

ぽちっ ↓ と一手間いただけると(ブログ村のサイトにとびます)さらに喜びます

ワーイッ♪ヘ(^ω^ヘ)(ノ^ω^)ノワーイッ♪!!!

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村


アタイも忘れないでよ!!

Img_2019

2014年1月18日 (土)

大分 竹田へドライブ その2 奥豊後グリーンロード~沈堕の滝

白水ダムや円形分水などを楽しんだ後は、

Dsc03517Dsc03577

 

 竹田市の東、豊後大野市周辺に「オデかけ!」です。

 

次の目的地は「沈堕の滝」。

K8上で、オデのナビに沈堕の滝をセットすると、想定したのとは別のルートが・・!


明らかに幹線からは外れています・・・これまで、ナビにはトンデモ道を走らされたことも・・・

(´・ω・`)ゞウーン


まっ、いっか!行ってみよう!!!


結果的にこれが大正解!!!!

Dsc07788

 

「奥豊後グリーンロード」、「大野川上流広域農道」、途中から「大野川中流広域農道」

別名「平家物語うたひめロード」。

 

なんかこのあたり区切りがわからないのですが、いくつかの広域農道を総称して「奥豊後グリーンロード」としているようです。

ドラレコの記録とgoogle mapで調べてみると、

私が入ったのは、K8沿い九重野近辺の、「秀栄商会」のところでした。

 

 大好きな、信号のない道です(^O^)/

(信号はないけど高速は好きではありません。)

 

この道に入って、早速のポイント、「神原渓谷大橋」。

深い神原渓谷にかかったアーチ橋です。

Dsc03581


祖母山はうっすらと雪化粧。

Dsc03583



この橋一本通すだけで、所要時間は大幅に短縮されたことでしょう。

(でも、費用対効果は???)

Dsc03582



まっ、私としては大歓迎なのですが。

 

Dsc07785

こちら、とても気持ちのよい快走路でした!

 

続いてR502につなぎ、清川を通って沈堕の滝に向かいました。


K26に乗ると、まもなく到着!!!

 

室町時代の画家、雪舟も描いた(鎮田瀑図)という「沈堕の滝」。

Dsc03630

 

ん・・・?





んん・・・・・・????

 



水が・・・・・ないっ(T_T)!!!!!

 

Dsc03593



どうも、上部の堰堤を工事中で、雄滝は今年の2月末まで水を止めているです。

   

景観もとても雄大で、豪快に流れ落ちる水を見たかったのですが、

「沈堕の滝 スッピン岩肌、期間限定公開中!!」

と考えればこれはこれでいいのです(^O^)/。

Dsc03621



そして、こちらの見どころはもう一つ。

1909年に建設された近代産業遺産、「旧沈堕発電所跡」。

遊歩道わきにありました。

 

Dsc03627

導水路の支柱。

Dsc03596

Dsc03601


発電所内部。

Dsc03602



導水した水を、この穴から落として発電機を回していたようです。

Dsc03606

Dsc03608

堪能できました(^○^)。



沈堕の滝は、ご覧の通り水が止まっていたのですが、遊歩道沿いでは、水の落ちる轟音と飛沫が舞っていました。止めた水を導水して流しているようです。

これを見るポイントは・・・・、対岸に車を入れられそうな道発見!!!

 

青い橋を渡って・・・・・!!!!!

 

Img_1909


右が天然の雌滝

Img_1911

左が導水によって造られた雄滝の流れ。

Img_1913

真ん中に発電所跡。

Img_1915


なかなかよい期間限定の眺めができていました(^O^)/。

Dsc03632



でもこの道、オデで入りすぎてUターンする場所がなくバックで坂を上がるのが

大変でした((+_+))。

何事も深入りは禁物です(笑)。

入ってすぐの所にちょっと広い所があるので、そちらがおススメです。




ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

 

にほんブログ村ランキングに参加しています。

ポチっ ↓ と一手間いただくと(ブログ村のサイトにとびます)喜びます(^O^)/。

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村




せっかく遠くまで来たので、もうちょっと遊びます!!

Dsc03669

2014年1月15日 (水)

大分 竹田へドライブ その1 竹田市周辺水場巡り


 

2014年、最初は私にとって空白地帯だった大分県竹田市周辺に「オデかけ!」です。

 

最近「竹田」というと、兵庫県の「竹田城跡」が著名になっていますが、こちらは「大分県の竹田」です。

しかも、大分の竹田にも「岡城跡」という、明治時代の作曲家瀧廉太郎氏の名曲「荒城の月」を生んだ城跡があって、ネットを見ていても混同されている所もあるようです。(今回「岡城跡」には行かないんですけどね。)


さて、今回は大分自動車道、九重ICからR387にチェンジし、南へ進み、わいた温泉郷から「ファームロードWAITA」にのります。

Dsc07778

Dsc03508


な~んもないところで、一休み(^.^)。

Dsc03509

 

R442にのって、黒川温泉を通り、東へ進みます。


このとちゅうも見どころいっぱいなのですが、すべてスル~!!

 

まず一路、向かうのは白水ダムです。

下調べでは、竹田市内から向かう予定だったのですが、R442の途中で看板発見!

久住町牧の元交差点から右折し、快適な広域農道(?)を進みました。


 

どこを通っているのやら?と思いましたが道々に看板があって迷わずに行けました。(どうも旧豊後街道やらを通っていたようです。)

白水ダムすぐ手前では、こんな切通しのような道も(ドラレコ画像です。)

Photo

牧の元交差点から、約40分ほどで無事到着!

であえましたぁ~!!白水ダム!!!

Dsc03511

Dsc03513


白水ダム。昭和13年竣工。正式名称「白水溜池堰堤」。

九州の方ならおなじみの麦焼酎「二階堂」のCMでも使われた場所で、「日本一美しいダム」と言われることもあるようです。

 

堰堤の右岸は流れるような造りに、左岸は階段状になっています。

Dsc03515


流れる水が、とってもきれいです!!!!

Dsc03529


オデとツーショット!!

Dsc03534


コチラの50mほど手前には、きれいな駐車場も整備されています。

トイレはグッドデザイン賞にも選ばれているようです。

Dsc03545

Dsc03546


ここから、なんとかK8にぬけて、西に向かいます。

次はそのK8沿いにあるこちら!

Dsc03548


K8をまたぐように建っている、明正井路、六連石橋です。石積みがきれいですよね。

Dsc03551

 

Dsc03550



こちらの石橋は、農業用水のための石橋です。

「明正」という名の通り、明治、大正時代に計画され造られたものということです。

 

 

Dsc03553

現役です!!

Dsc03556


まだ重機もなかった時代に、先達には本当に頭が下がります<(_ _)>

Dsc03561



またまた西へ移動!

K8沿いにも、白水ダム(こちらからはダムの右岸につながるようですが、駐車場から滝まで1kmほど歩くとのことです)と同じくらい看板が立っている音無井路円形分水を目指します。


 

看板に従って進んでいくと、百木という集落の途中で、まぎらわしい矢印があったので迷いましたが、目的地はその集落を抜けた新百木トンネルの横にありました。

Dsc03578

 

駐車場も東屋もあり整備されています。

こちらが円形分水。

Dsc03566



2kmほど離れた水源から暗渠で水を引いています。そして、真ん中の穴からサイフォンのように水を噴き出して、3方向に平等に水を送っているのです。


水争いを収めるための知恵に感心させられます。

 

Dsc03564



「水は農家の魂なり」



Dsc03568

Dsc03570

Dsc03573


行きたい所をピックアップしていた時は意識していなかったのですが、
ここまで書いて改めて、「ぜ~んぶ水がらみだなぁ」と気付きました。

 

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~


にほんブログ村ランキングに参加しています。

ぽちっ↓としていただけると励みになります(^O^)/(ブログ村のサイトにとびます)

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村


この後、また水を求めて竹田の東方面に向かいます!



こんな道にも出会えました\(◎o◎)/!

Dsc07789

2014年1月 6日 (月)

津屋崎干潟  宗像・福津の気になるスポット7

   

あけましておめでとうございます。 
               

2014年も、早や6日。

今年も残すところ、あと359日になりました!!・・・・・(・∀・)/

と、こんな感じで・・・・本年も、どうぞよろしくお願いいたします<(_ _)>



宗像(宗像市・福津市)には宗像大社と宮地嶽神社という、それぞれ交通と商売の神様をお祀りした有名な神社がありまして、お正月には幹線道路がかなり渋滞します((+_+))。


その渋滞をさけて、近場へ「オデかけ!」。

R495からひとつ北側、K502沿いの津屋崎干潟です。

Img_1830

ここは野鳥がたくさんです!

 

まずは上の写真の下の方にも写っています。渡りのコブハクチョウ。

 

Img_1840

 
近所のおじさんが餌付けをしていて、近くまで寄ってきました。

 

Img_1813

Img_1820


   
新聞にも載っていたのですが、7羽の家族だそうです。

   

Img_1822



  
そのほかにも、いつものこの方、アオサギくん。

「オデかけ!」3回目の登場!!相変わらずたたずんでいます。

Img_1825



ここからお初の鳥たちを。

   
チュウサギくん(ちょっと遠い)。

 

Img_1811        

ユリカモメくん。睨みが効いています。

 
   

Img_1827



イソシギくん。


  

Img_1856

  

フリフリ!

 

Img_1855

ハクセキレイくん!水が鏡面になっているのもいい感じ。



Img_1860



足元には干潟ならでは、貝がいっぱい!!

干潟には命がいっぱい!!!



Img_1862

 

   
マガモくんたちの集団昼寝!!(ユリカモメ含む)



Img_1841


 

この津屋崎干潟には、世界で2000羽ほどしかいないと言われる、クロツラヘラサギくんもやって来るようなのですが、残念ながらこの日は会えませんでした。

 

お正月からバードウォッチングでホンワカしました(^.^)/

 


  

  

   

追記 ※この2週間後、クロツラヘラサギくんに出会えました!!※

   

  

クロツラヘラサギの記事 (2014年1月19日更新)へもどうぞ(^O^)/

 

  

      

   

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~


ポチっ ↓ としていただけると喜びます(^O^)/ 

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村


この季節、「天使の階段」をよく見かけます。

「天使は羽生えているんだから階段いらないんじゃね」とか言わないでくださいね(笑)。

Dsc03383_2_2