TRACE for oneself

The Long and Winding RoadⅣ

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

« ひとりウム~鳥羽水族館 | メイン | 長崎 島原 紅葉の仁田峠へ 秋のドライブその6 »

2013年11月10日 (日)

軍艦島へ行こう!!秋のドライブ その5

11月のスケジュールを見てみると、ぽっかり1日「自由だ~~っ!!!」の日、発見!!!

    

    

どっか行きたいなぁ!!そうだflair軍艦島行こうっ!!!! 

キング オブ 廃墟として、以前から一度訪れたいと思っていました。

    

    

でも、この前、仕事のついでとはいえ伊勢志摩ドライブしたばっかりだし・・・・・coldsweats01

    

     

恐る恐る、うちの財務省に相談してみると、なんとOK!!d(*^v^*)b

 

これもひとえに、私の日ごろの行いのおかげです(笑)。

     

       

  

と、いうわけで王子(玉子じゃないよ)を送り出して、7時前に出発!久しぶりに鳥栖ICのオレンジのラインに乗って、長崎を目指します。
                     

Dsc07724   


R3や九州道は出勤ラッシュでそれなりに混んでたけど、長崎道に入ると快適!!!  

                   

Dsc07728

 


9時過ぎに常盤ターミナル横、市営駐車場に到着。



Dsc07739




今回、お世話になるのは軍艦島コンシェルジュさん。

 

    

いくつかある軍艦島ツアー会社の中で、選んだ決め手は上陸率96%という高さ。(今HP見たら99%になっていました)

       

2009年に上陸が公的に解禁になった当時は、60~70%と聞いたことがあったので、この高さは魅力的でした。 今はきっとどの会社も上陸率は上がっているとは思いますが。

        

またHPに空席状況が表示されて、状況がわかりやすかったです。

  

ツアー代金、平日3600円+上陸料300円(税金?)=3900円な~り~!

(土日祝日は300円UPになります。)

  

高速船マーキュリー。

Img_1588_2  

  

受付をした後、桟橋前に早めに並んだので2階デッキの右舷側の端の席をGETできました。

   

出航前に軍艦島についてのレクチャーが、モニターを使ってあっていました。

ガイドさんのお話もとてわかりやすかったです(^O^)/

 

出航すると、軍艦島までは35分ほど。途中の風景も見どころがたくさんです。

まずは三菱造船所。巨大なタンカーと並んでイージス艦も造られていました。

                

Img_1599


女神大橋

 

Img_1607
  

カトリック神ノ島教会



Img_1615_2

   


小さな岬に立つマリア像

Img_1617

   


沖ノ島の聖ミカエル天主堂

   
         

Img_1625

  

      

   

       

               

そして、━━(━(-( ( ( (o・∀・o) ) ) )-)━) ━━ !!

    



        

          

Img_1638

 

   

無人島の中ノ島の向こうに、異様な雰囲気を持った軍艦島(端島)が見えてきました!!


 

Img_1645



 

軍艦島(端島)の採炭の歴史は江戸時代から。島自体はもともとは小さな瀬で、広さは現在の3分の1くらい。明治から昭和にかけて埋め立てを行い、今の姿になっりました。最盛時には5000人以上の人が住み、人口密度世界一となっていたそうです。

by wiki( ..)φ。 


  

現在の上陸ツアーは、アパート群のエリアには安全のため、立ち入ることができません。アパート群を撮影しようとすると、周遊しているときに限られます。

そのため今日のメインカメラは光学50倍ズームのSX50HSです。


  

島一番の高台に建つ、幹部用の3号棟。



Img_1648  



痛みはかなり激しく、左に垂れさがっているのは屋上の壁の部分のようです。

 
  

    

端島神社。

 

Img_1661


  

北西側からの全景。こちらからの姿が軍艦島と呼ばれる所以です。

                    

Img_1678   


   

アパート群。



Dsc03020_2

 


    
    

       

Dsc03021

  

Dsc03021_3

     

   

              

Dsc03024

     

Img_1703



こちら側にガラスはほとんど残っていません。


Img_1697
  
                     

コンシェルジュさんのツアーでは軍艦島周辺では先に左舷側、ちょっと離れて全体像を見た後、右舷側がアパート群に近づくように操船されていました。  


    

北東側から。

左が小中学校、右手が65号棟。

Dsc03032 



Img_1649_2 

 

            

Dsc03031_3 

         

 

                         

周遊の後、いよいよドルフィン桟橋から上陸です。

 

上陸してからも集団行動で、3つの見学場所を回り、ガイドさんの説明を聞きます。その際、ほかの係の方がパネルを提示していきます。ナイスチームプレイ!!

Dsc03049_2      


    
よく見ると小中学校の屋根もたわんでいます。

Dsc03041_2

     

Img_1718_2   


ベルトコンベヤー跡。

Dsc03041_3

     


   
幹部用住宅を別角度で。

最上階のベランダはいつ落ちてもおかしくないような感じです。

Img_1739 
  

Dsc03051_2    

      

第2見学場所。総合事務所付近。

Img_1737_2

   

Dsc03060 




Dsc03065




     

Dsc03079



  

Dsc03087 


   
階段もぼろぼろです。


Dsc03094    



         

       
第3見学場所。アパートが間近に見られるポイントはここだけです。

ツアーはこんな感じ。お国もいろいろ。100名以上はいたと思います。

Img_1744


Img_1746


 

Img_1741_2
 


  

Dsc03095


   
 

     

上陸時間、約60分(これは決められているそうです)。

満足できました(^.^)。

   

帰りは1階の客室でまったり【´∀`】。

常盤ターミナル到着は13:00。2時間10分ほどの上陸ツアーでした。

  

軍艦島については、廃墟系のサイトさんにたくさん写真があがっていますが、今回実際に見てみて、建物の崩壊がずいぶん進んでいること、そして危険な場所であることが実感できました。

 

つい先日、世界遺産登録に向けてか、国が保存への支援を決めたようですが、建物を今の状態で保存することは難しいだろうなと思いました━|li(σ・ω・`;)il|━。




※追記  関連記事「軍艦島とARB」はこちら!

 

長々とご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

 

日本ブログ村ランキングに参加しています。

ポチっ ↓ としていただけるとウレシイです(^O^)/(日本ブログ村へとびます)

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村



 
    

        

軍艦島は見学コース以外は基本的に上陸禁止なのですが、堤防はOKなのだそうです。

世界で最もタフな人種は、間違いなく釣り人だと思います(笑)。




Img_1706

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/615283/31944651

軍艦島へ行こう!!秋のドライブ その5を参照しているブログ:

コメント

わぁ~いいなぁ~、羨ましい。ココ絶対行きたい場所なんだもん。
4年半長崎県民だったけど、当時は上陸できない島だったんです。
だから、いつか必ず押さえておかなければならないスポットなんだ。
写真のミニチュアモード(っていうのかな?)がいい味出していますね!
それからツアー会社はいい参考になりそうです。ありがとうございます。

jimyさん、さっそくのコメありがとうございます(^O^)/

軍艦島は私もずっと気になっていたのですが、予約をして行動するのが苦手なことや、天候のことなどあって行けないでいました。今回、偶然タイミングが良かったのです)^o^(。
写真をほめていただきありがとうございます。軍艦島はモノクロで撮りたくなるのですが、ミニチュアでも撮っててみました。ただ、写真を撮りすぎて、どれをUPしていいのかわからないヽ(゚Д゚)ノ状態になりました(笑)。この後、まだ少し記事も編集しそうです。

行ってみたいと思うんですが、意外にそこまで強くは思わないのも事実。
せっかく行っても上陸できない率が、当初は高かったので、そこまでバクチしてまで
行きたいとは思わんばいって思ってましたが、今の率ならちょっと行ってみたい気も
してきました。上陸ツアー会社が複数あることも初めて知りましたし。

国が保存に乗り出したとか記事を見ましたが、遅きに失したとは正にこのこと。
アップで見ると相当悲惨な状況だと言うことがよくわかりました。

禄太郎さん、いつもご訪問&コメありがとうございます(^O^)/

長崎市が2009年に上陸を許可したころは、規制が厳しく、上陸可能日数は年間100日程度と見込んでいたようです。これではとても行く気にはなりませんでした。
でも各社が波に強い新造船を持ち込んだのと、条件が若干反故にされてきたのか、上陸率は格段にアップしたようです。

国が保全に対して援助を検討するとしたようですが、これは世界遺産登録へ向けてのポーズのような感じで、ご指摘の通り遅きに失していると思います。
広島の原爆ドームでさえ、樹脂の注入と鉄骨による補強のみしか手がないようです。
ここは、もう壊れゆく姿を眺めていくほかないようにも思います。

う~んなんか、硬い文章になってしまいましたね(笑)
禄太郎さんもぜひ一度!!!

コメントを投稿