TRACE for oneself

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

The Long and Winding RoadⅣ

Lewa Lewa

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

« 2013年10月 | メイン | 2013年12月 »

2013年11月

2013年11月12日 (火)

長崎 島原 紅葉の仁田峠へ 秋のドライブその6

Dsc03018

 

軍艦島ツアーを満喫して、長崎市内でまだ13:00!!

このまま帰るのはもったいないっ!!

まだまだ行けそう!!!

   

季節は秋!!そうだっ!島原いこうっ!!

 

ということで、常盤駐車場からR499、R34と長崎市内を抜けて、R251にのって島原方面を目指します。途中、矢上大橋は無料になっていました。

  

R251は海側の高い所も通る快走路です。

Dsc07746

   

  

愛野地区に入ると道の両側に、石積みのじゃがいも畑が広がります。

    

島原半島は九州一のじゃがいもの生産地。作付け面積は東京ドーム250個分にあたるそうです。by雲仙まるごとNET。(なぜヤフオクドームで換算しない!!)

   

愛野のじゃがいも畑、この写真ではわかりませんが、赤土の畑です。

Dsc07749


愛野展望台前交差点を右折してR57島原街道へスイッチ。

1kmほどで目的地、千々石展望所観光センター。

ここまで長崎市内から約1時間。

 

こちらの目的は・・・

 

じゃ~ん!! 千々石名物「じゃがちゃん」!!!

Dsc03105
  

ゆでたジャガイモに小麦粉をつけて、パリッと揚げたシンプルなものですが、

 

これが、旨い!!!!(⌒¬⌒*)

 

これはくせになります!!

 

お店曰く、愛のじゃがちゃん!!(もちろん愛野!)

Dsc03102
以前来たときは150円だったのですが、今年の10月から200円に値上がり。

これもアベノミクス効果?????(-"-)

 

ちなみにこちらのカステラも美味です!!!!

 

こ~んな景色を見ながら、しばし休憩。(これと揚げたてカレーパンが昼食です。)

Dsc03099    


顔を出すのではなく、顔を乗せるタイプの記念撮影用パネル。

顔を乗せないと・・・・・(=_=;)

 

Dsc03107

     

     

ここから雲仙を目指してR57を南下します。

このまま進んでもいいのですが、気になる道が・・。

K128。明らかにショートカットになるのですが、地図を見ると険道のかおりがします(笑)が、ツーリングマップルによると拡幅が進んでいるとのこと。

    

オデ乗りなのに、なぜか険道、酷道にはそこそこ慣れている?ので行ってみましょう。

 

木場交差点を左折して、進んでいくと・・・!!

Dsc07753 

     

なかなかの快走路)^o^(

 

一部狭路もあり、勾配がきつい所や工事中の所もありますが、ほとんど2車線で景色も良い道でした!!!(これから交通量増えそうです。)

Dsc07754

    

  

雲仙で再びR57に合流した後、雲仙ゴルフ場の先から左折し、旧「仁田峠循環道路」に入ります。

    

こちらも有料だったのですが2009年に「雲仙市道小浜仁田峠循環線」となり無料になっています。一応料金所は残っていて、協力金として任意で100円お支払い。

    

一方通行の観光道路で、標高1080mの仁田峠に上っていきます。

このあたりは紅葉までもう一歩でした。

 

Dsc07757 

前に観光バスがいるのもありますが、比較的のんびり登っていきます。

  

     

右側は所によって絶壁!(@_@;)、まさにスカイラインです。

Dsc07761   

    
すこ~し紅くなっています。

    

Dsc07762  

    

仁田峠第二展望所は有明海や普賢岳がパノラマできれいに見えるスポットです。

でもPM2.5のおかげで今回はPASS。

天気が良ければぜひ立ち寄りたいところです。

ちなみに、なぜか第二展望所の方が先に現れます。


 

さらに少し進むと、仁田峠展望所。

Dsc03110

ここからはロープウェイに乗って標高1333mの妙見岳に登ることができます。

(もちろん徒歩でもOK、標高差約250mです。)

 

駐車場から少しのぼったロープウェイ駅の展望所から島原の町と有明海を望みます。

Dsc03121


平成新山も望めます。火砕流の流れた跡が今も残っています。

Dsc03129

 

妙見岳山頂付近は紅葉がちょうど見頃でした(^○^)

 

Dsc03125_2

   

コントラストを強めにしてみると。 

        

Dsc03112_2

    

  
雲仙市道小浜仁田峠循環線の出口R389を右折すれば多比良港へ向かうのですが、本日最後の目的ロードに向かうため、左折し再び雲仙の街中に向かい、三差路を左折してR57にのります。

  

R57のくねくね道を島原方面に降りて行く途中、立派なホテル出現!!

 

前を走っていた福岡ナンバーのウイッシュが入っていったのをちょっとうらやましく思いながら進みました(´・∀・`*)。

おいらはいつも日帰りさっ!・・(ノω・、)

 

さらに下って、門内町付近の交差点から、千本木方向に左折(ほぼ180度)し

目的のK207「まゆやまロード」。火砕流の流れた跡の横に添って走ります。

Dsc03134


   

    

Dsc03140


西日が差し込んでいます。

これもいい雰囲気ですが、走るなら山肌がくっきり見える午前中がおススメです。

    

   

垂木大地森林公園少し手前の、平成新山展望園地でちょこっと休憩。

Dsc03141

    

いつものように・・・・だ~れもいません!!

Dsc03144_2

 

こちらにはトイレなどはないようですが、平成新山が間近に見られます。

1991年、大きな被害をもたらした雲仙岳の噴火は、忘れてはならないと思いました。

 

        

今でも火山活動は続いているのです。

Img_1798


さて、ここから帰路につきます。

   

諫早湾干拓堤防ロード(通称ギロチンロード)を通って、多良岳レインボーロード、オレンジ海道とつないで・・・・・帰りたかったのですが・・・・・。

 

すでに初めての道を探す、気力はなく(´_`;)遠回りになりますが、

な~んも(゜o゜)考えないで帰れる諫早ICへもどるルートを選んで、高速に乗り、

門限破りの21:00無事帰宅しました。 

 

 

福岡~長崎~島原(小さく一周)~福岡。 

この日の走行距離480kmでした(^○^)。

 

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~


     

   

    

にほんぶろぐ村ランキングに参加しています

ポチっ ↓ としていただけるとウレシイです)^o^((ブログ村へとびます)

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

 

長崎道 川登SAでカワイイの発見(^.^)

Dsc07735

2013年11月10日 (日)

軍艦島へ行こう!!秋のドライブ その5

11月のスケジュールを見てみると、ぽっかり1日「自由だ~~っ!!!」の日、発見!!!

    

    

どっか行きたいなぁ!!そうだflair軍艦島行こうっ!!!! 

キング オブ 廃墟として、以前から一度訪れたいと思っていました。

    

    

でも、この前、仕事のついでとはいえ伊勢志摩ドライブしたばっかりだし・・・・・coldsweats01

    

     

恐る恐る、うちの財務省に相談してみると、なんとOK!!d(*^v^*)b

 

これもひとえに、私の日ごろの行いのおかげです(笑)。

     

       

  

と、いうわけで王子(玉子じゃないよ)を送り出して、7時前に出発!久しぶりに鳥栖ICのオレンジのラインに乗って、長崎を目指します。
                     

Dsc07724   


R3や九州道は出勤ラッシュでそれなりに混んでたけど、長崎道に入ると快適!!!  

                   

Dsc07728

 


9時過ぎに常盤ターミナル横、市営駐車場に到着。



Dsc07739




今回、お世話になるのは軍艦島コンシェルジュさん。

 

    

いくつかある軍艦島ツアー会社の中で、選んだ決め手は上陸率96%という高さ。(今HP見たら99%になっていました)

       

2009年に上陸が公的に解禁になった当時は、60~70%と聞いたことがあったので、この高さは魅力的でした。 今はきっとどの会社も上陸率は上がっているとは思いますが。

        

またHPに空席状況が表示されて、状況がわかりやすかったです。

  

ツアー代金、平日3600円+上陸料300円(税金?)=3900円な~り~!

(土日祝日は300円UPになります。)

  

高速船マーキュリー。

Img_1588_2  

  

受付をした後、桟橋前に早めに並んだので2階デッキの右舷側の端の席をGETできました。

   

出航前に軍艦島についてのレクチャーが、モニターを使ってあっていました。

ガイドさんのお話もとてわかりやすかったです(^O^)/

 

出航すると、軍艦島までは35分ほど。途中の風景も見どころがたくさんです。

まずは三菱造船所。巨大なタンカーと並んでイージス艦も造られていました。

                

Img_1599


女神大橋

 

Img_1607
  

カトリック神ノ島教会



Img_1615_2

   


小さな岬に立つマリア像

Img_1617

   


沖ノ島の聖ミカエル天主堂

   
         

Img_1625

  

      

   

       

               

そして、━━(━(-( ( ( (o・∀・o) ) ) )-)━) ━━ !!

    



        

          

Img_1638

 

   

無人島の中ノ島の向こうに、異様な雰囲気を持った軍艦島(端島)が見えてきました!!


 

Img_1645



 

軍艦島(端島)の採炭の歴史は江戸時代から。島自体はもともとは小さな瀬で、広さは現在の3分の1くらい。明治から昭和にかけて埋め立てを行い、今の姿になっりました。最盛時には5000人以上の人が住み、人口密度世界一となっていたそうです。

by wiki( ..)φ。 


  

現在の上陸ツアーは、アパート群のエリアには安全のため、立ち入ることができません。アパート群を撮影しようとすると、周遊しているときに限られます。

そのため今日のメインカメラは光学50倍ズームのSX50HSです。


  

島一番の高台に建つ、幹部用の3号棟。



Img_1648  



痛みはかなり激しく、左に垂れさがっているのは屋上の壁の部分のようです。

 
  

    

端島神社。

 

Img_1661


  

北西側からの全景。こちらからの姿が軍艦島と呼ばれる所以です。

                    

Img_1678   


   

アパート群。



Dsc03020_2

 


    
    

       

Dsc03021

  

Dsc03021_3

     

   

              

Dsc03024

     

Img_1703



こちら側にガラスはほとんど残っていません。


Img_1697
  
                     

コンシェルジュさんのツアーでは軍艦島周辺では先に左舷側、ちょっと離れて全体像を見た後、右舷側がアパート群に近づくように操船されていました。  


    

北東側から。

左が小中学校、右手が65号棟。

Dsc03032 



Img_1649_2 

 

            

Dsc03031_3 

         

 

                         

周遊の後、いよいよドルフィン桟橋から上陸です。

 

上陸してからも集団行動で、3つの見学場所を回り、ガイドさんの説明を聞きます。その際、ほかの係の方がパネルを提示していきます。ナイスチームプレイ!!

Dsc03049_2      


    
よく見ると小中学校の屋根もたわんでいます。

Dsc03041_2

     

Img_1718_2   


ベルトコンベヤー跡。

Dsc03041_3

     


   
幹部用住宅を別角度で。

最上階のベランダはいつ落ちてもおかしくないような感じです。

Img_1739 
  

Dsc03051_2    

      

第2見学場所。総合事務所付近。

Img_1737_2

   

Dsc03060 




Dsc03065




     

Dsc03079



  

Dsc03087 


   
階段もぼろぼろです。


Dsc03094    



         

       
第3見学場所。アパートが間近に見られるポイントはここだけです。

ツアーはこんな感じ。お国もいろいろ。100名以上はいたと思います。

Img_1744


Img_1746


 

Img_1741_2
 


  

Dsc03095


   
 

     

上陸時間、約60分(これは決められているそうです)。

満足できました(^.^)。

   

帰りは1階の客室でまったり【´∀`】。

常盤ターミナル到着は13:00。2時間10分ほどの上陸ツアーでした。

  

軍艦島については、廃墟系のサイトさんにたくさん写真があがっていますが、今回実際に見てみて、建物の崩壊がずいぶん進んでいること、そして危険な場所であることが実感できました。

 

つい先日、世界遺産登録に向けてか、国が保存への支援を決めたようですが、建物を今の状態で保存することは難しいだろうなと思いました━|li(σ・ω・`;)il|━。




※追記  関連記事「軍艦島とARB」はこちら!

 

長々とご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

 

日本ブログ村ランキングに参加しています。

ポチっ ↓ としていただけるとウレシイです(^O^)/(日本ブログ村へとびます)

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村



 
    

        

軍艦島は見学コース以外は基本的に上陸禁止なのですが、堤防はOKなのだそうです。

世界で最もタフな人種は、間違いなく釣り人だと思います(笑)。




Img_1706

2013年11月 7日 (木)

ひとりウム~鳥羽水族館

        

伊勢志摩ドライブの途中で立ち寄った鳥羽水族館。

時間は限られていたのに、予想外に楽しんでしまいました(^O^)/。

     

今、おひとり様で鳥羽水族館に行くことを、「ひとりウム」と言って、事前に用紙を印刷して申請すれば特典がもらえるそうです。(知らなかった・・ステッカーほしかった(T_T))詳しくはこちらへ 鳥羽水族館HP

  

入館してすぐに目を引きつけてくれるのがコーラルリーフダイビングというコーナー。

カラフルな魚たちが、これでもかっ、というくらい泳いでいます。

Dsc02886

     

まずはノーマルな、でもきれいな生き物たち。

  

定番のニモ

Dsc02912 

            

鳥羽水族館の人気者、スナメリ!

Dsc02920   

   
そして、ジュゴン!!

Dsc02978_2


   

では、「なにがあったの?」と、尋ねたくなる水の生き物たち!

    

まずは、この子。ポリプレプス エンドルケリー。

Dsc02909
  

1億4千万年前、南米とアフリカ大陸がくっついていたころから生息しているそうです。

 

魚というよりもトカゲみたい。

Dsc02900

こんな様子から地上に上がってきたのでしょうか?

 

でっかいクエ!!博多ではアラといって高級魚です!!アラ鍋食いたい・・(⌒¬⌒*)

Dsc02915

オウムガイの赤ちゃん(^.^)

Dsc02910 

  

網で焼かれていた所を逃げ出したんじゃない、という感じのこちら、マツカサウオ。

Dsc02926
         

              

なにしてるの? 

     

  

  
みんなで・・・?

 

Dsc02932       

       

みなさんストライプ模様が、仕立て屋さんのよう。

Dsc02936        

        

この色、どうやって決めたの?バイカラー ドッティバック。

Dsc02981
  

    

そして、この子!!!外側のヒレと胸についているヒレで歩きます(@_@;)。

Dsc02954    

タツノオトシゴと混泳されて、ちょっかいをかけられていました。

Dsc02957

表示はなかったのですが、調べてみると名前はウォーキングバットフィッシュ。

正面から見ると、カレーパンマンの顔を上から潰したような(どんな??)横っぴろい顔が、キモかわいい(すでに死語?)。この子今回、一番ヒットです(^O^)/。

興味のある方はググってみてください。

       

   

      

からまった? ほ、ほどける??

Dsc02967
  

おなじみクリオネ

Dsc02972_2
餌を食べるときは、頭部が二つに割れるようです・・・・こ、こわっ(@_@;)。

     

                

さて、ここからダイオウグソクムシで有名な「変な生き物研究所」から。

 

なっ、なに?

Dsc02983   

ぬいぐるみ??和名「カワテブクロ」(そのまんま!!)

Dsc02984
 

カエルアンコウの幼生?疑似餌で獲物をおびき寄せます。

この子も歩きそう。 

Dsc02987

  

もはや・・・、ウミサボテン w( ̄△ ̄;)w 

Dsc02988
そのほかにも、これは写真をとりたくないっ!!と思うような素敵な?生き物たちがたくさんでした・・・(゚_゚i)タラー・・!!

   

でも、きっとこれまでに、

どれも勇気のある人たちが食べたんだろうなぁ,

と思いながら・・・・(゚_゚ii)タラー・・

     

  

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

 

日本ブログ村ランキングに参加しています!

ポチっ↓としていただけると、励みになります(^O^)/

にほんブログ村 写真ブログ コンデジ写真へ
にほんブログ村



この子はかわいかった!!!コツメカワウソ!!

Dsc02997

 

2013年11月 3日 (日)

秋のドライブ その4 伊勢志摩スカイライン~鳥羽へ

   

お参りを済ませた後は、本日のドライブのメイン、伊勢志摩スカイラインを走ります。

こちらは内宮の市営駐車場からK32を賢島、磯辺方面に向かうとすぐに分岐があります。

Dsc02824

   

伊勢志摩スカイラインは全長16.3km、伊勢市宇治館町と鳥羽市を結ぶ観光用の私道です。普通車1220円(ちょっと高め)ですが、内宮の市営駐車場の領収書かホームページの割引クーポンを印刷していれば、980円で通行できます。

 

料金所は、佐多岬などのロードパークと似た造り。

(この辺りの写真を撮り損ねる所が、甘い・・・((+_+)))

 

料金所を過ぎると、ワインディングロード。朝熊山山頂に向けぐんぐん登っていきます。

Dsc02825

4kmほどで一宇田展望台。伊勢の町が一望できて、夜景スポットにもなっているようです。
(普段の営業時間は冬場は7:00~19:00です。)

Dsc02829   


前の記事をご覧になっていない方へ、今日はレンタカーで「ヴィッツかけ」です。

この頃には、雨もすっかりあがり、青空も見えてきました)^o^(。

 

Dsc02832

 さらに4kmほど進むと、伊勢神宮の鬼門を守るお寺、金剛證寺。

Dsc02863

Dsc02859
手水舎には龍。

Dsc02855
寅の象。

Dsc02850
神使の牛さんの上には、なぜか大黒さん。お寺だけどこのあたりも神仏習合なのでしょう。

Dsc02852
御本堂は重要文化財。風格があります。

Dsc02849
極楽門。ここから先は檀家の方のお墓になっていました。

卒塔婆がすごかったです(@_@;)。でもお墓なので写真はNG。

Dsc02847

 

ここから少し移動して、朝熊山頂売店・朝熊茶屋の駐車場。

Dsc02838
いい雰囲気でしょ(^○^)。

・・・・でも、実は台風の吹き返しなのか(それにしては時間的にずれてる)、まぁその影響でしょうけど、ものすごい突風!!T_( +o+)三 ビューッ

停めてるだけで、車もすごい揺れ!!

 

でも、ここからの景色を見るために行くのだo(・д´・+)ゞ!!

Dsc02839
 

こちらっ!!鳥羽の島々がきれいですヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ

手前に写っているのが展望足湯。

Dsc02840    

     
とても足湯を楽しむ天候ではありません(笑)。

               

Dsc02844            

            
でも、空はキレイΣd(ゝ∀・)!!

                       

Dsc02842

          
そして、ここから鳥羽に向けて、スカイラインを下っていきます。

景色が気持ちいい!!!!

                

Dsc02865      

               

空の青と、海の藍と、島の緑。

   

Dsc02867     

            

山側の景色にも切り替わります。

 

Dsc02871           

              
鳥羽へ向かうスカイラインは、短いけれど走り甲斐がありました(^◇^)!

 

さて、強風に吹かれてちょっと疲れ気味(*_*;。

           

                  

風のない所へ・・・、ということでこちら、鳥羽水族館へ。

飼育種類数、日本一らしいです。20年ほど前に一度来たことがあります。

Dsc02874  

   

アラフィ~のおっさん一人で水族館見学ヾ(゚∀゚`*)ノ゙!!

 

Dsc02879 

休憩も含めて滞在すること約2時間!!(どえりゃ~楽しんだぎゃあ!!)

  

変な生き物もたくさんいたので、こちらは別記事でご紹介予定!!

          

                 

水族館も満喫した後、もう少し南へ。

 

K128「パールロードシーサイドライン」を通って、鳥羽展望台へ向かいます。

 

Dsc03000
 

けっこうなクネクネが続きます。

シーサイドという割には、山の中も走るので、そこまでの開放感はありませんでした。 

  

道沿いにはたくさんのカキ小屋。

 

鳥羽水族館から約18kmで大きな駐車場のある鳥羽展望台に到着!

Dsc03005

 

相変わらずの強風ですが、太平洋はきれいでした)^o^(。

 

Dsc03001
  

Dsc03007 

ここで地元バーガー「トバーガー」を食べたかったのですが、帰りの時間を考えるとアウトです(T_T)。

   

ここから中部セントレア空港まで約180km。ノンストップでひたすら高速を走りました。

                  

でも、強風の影響があり、走っている途中に突然横からドンと押されるような衝撃に耐えながらの帰路でした。

                

途中、その高速でタンデムのバイクも見かけましたが、怖っと思いました∑(′□`;ノ)ノ。

ライダーさんたちは、横風大丈夫ですか??

  

          

そして、高速の伊勢湾岸道路!!

Dsc03010             

              

高速でありながら、未来都市の道を走っているようで、絶景シーンがたくさんでした。

 

そして、無事にセントレア到着!!

                   

わずか11時間だったけど、ヴィッツくん、おつかれさまでした!!ありがとね~!!!

                  

この日の走行距離、361kmでしたぁ(^O^)/。

Dsc03012                

         
そして福岡へ。

                    

Dsc03015_2
ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

   

日本ブログ村ランキングに参加しています。

ポチっ↓としていただけるとウレシイです(pq*´∀゚)

にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

   

鳥羽水族館でヒレで歩く不思議な生き物発見(@_@;)!

Dsc02957