TRACE for oneself

The Long and Winding RoadⅣ

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

アクセスランキング

« 「必殺シリーズの聖地」京都 大覚寺大沢池 オデかけ番外編① | メイン | 見帰りの滝 あじさい祭り2013 佐賀県相知町 »

2013年6月15日 (土)

回廊を巡る寺院 京都大覚寺 オデかけ番外編②

前回は大沢池で大いに(一人で)盛り上がったわけですが、

 

今回は落ち着いて大覚寺の本院に「オデかけ番外編」です(^O^)/

 

 

こちらは表門。明智門と二つ並んで立っています(なぜ?)

 

Dsc00271_2


こちらも風情のある御門です。きっとロケにも使われているのでは!

 

 

明智門からの石畳。白塗りの壁が雰囲気を出しています。

 

Dsc00273


式台玄関を通ると、神輿がお出迎えです。

 

 

Dsc00354

 

 

ここには、受付やお土産処もありますが、どちらもとても質素で落ち着いた感じです。

 

 

竹の印鑑が魅力的でした。(同僚が買っていました(^-^))2500円な~り!

 

 

Dsc00332_2


宸殿は装飾が素晴らしく、牡丹図が素敵です。

 

 

Dsc00335


ここから、この寺院独特の回廊を巡って進みます。

 

村雨の回廊。ネーミングがいいですねぇ。

 

 

Dsc00338

 

Dsc00349_2


床はうぐいす張りで、刀を振り上げられないように、屋根は

 

低く作られています。

 

 

この回廊から見える、勅使門。

 

広々とした庭と立派な御門が風格がありますねぇ。

 

 

Dsc00336

 

 

この勅使門の正面にあるのが、御影堂。

 

 

後で画像を見てそそられるものを発見!

 

 

Dsc00432


アップしてみると、じぇじぇじぇ!!

 

Dsc00432_2


かっこいい!!!!

別角度の画像では

 

Dsc00430_2


屋根の魔よけですが、ちょっとよくないですか。

 

何の生き物がモチーフなのでしょう?亀??

 

小さいけれど、しっかり睨みをきかせて、警備しているようです。

 

 

回廊の間には、感じのいい庭が、

 

 

Dsc00339

 

Dsc00435


季節ごとに目を楽しませてくれそうです。(だからなぜ2月に行く!!(+_+))

 

Dsc00350_3

いえいえ2月には2月なりの枯れたよさがあるのです。

 

人も少ないし!(と、言い聞かす(^◇^))

 

Dsc00351

 

Dsc00436


代々、天皇や皇統の方が住職を務めたという格式の高い寺院で、

 

 

落ち着いて、とても優雅な感じがしましたよ。

 

 

大覚寺、おススメです!!!!

 

 

そして、こちら!!!

 

 

初御朱印をいただきました!!!!

 

 

Img061_3
Img062_4

 

ではでは

 

いけばな嵯峨御流で

 

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

Dsc00437_5

P.S.(手紙じゃないって!)

大覚寺から下って、にぎやかな渡月橋

Dsc00357

嵐電に乗って、次に向かうのは・・・。

Dsc00358

オデかけ番外編③に続く・・・予定(笑)

よろしければ ↓ ポチっとお願いします(^○^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/615283/31636451

回廊を巡る寺院 京都大覚寺 オデかけ番外編②を参照しているブログ:

コメント

大覚寺大好き!女の人が回廊を歩く姿は、見え隠れしてとても美しいですよ…! 竹のハンコも買っちゃいました。

ばーばままさん、はじめまして( ^^) _U~~
辺鄙な当ブログをご覧いただき&コメもいただきありがとうございます(^.^)

大覚寺、いいですよねぇ
はじめは「必殺」がらみで大沢池がメインだったのですが、
大覚寺の回廊や庭園の美しさ、勅使門やお堂の質素だけど重みのある
雰囲気がとても好きになりました!
竹の印鑑、私も買っとけば良かったかなww
それにしても、あれからもう3年たったんだと、改めて思いました(^_^;)

こちらはドライブレポや、麦日記、花写真etc.と雑食系の写真ブログですが、よろしければまたご覧いただけるとうれしいです(^O^)/

コメントを投稿