TRACE for oneself

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

The Long and Winding RoadⅣ

Lewa Lewa

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

« 2013年5月 | メイン | 2013年7月 »

2013年6月

2013年6月30日 (日)

霧の由布岳 雨の由布川峡谷 大分 

6月29日、青空が広がって「オデかけ!」日和です(^O^)/

 

 九州自動車道から、大分道に乗り継いで玖珠SAで休憩。

 

 玖珠といえば童話の里として、街中にもたくさんのオブジェがあるので有名ですが、ここにも。 

 

Dsc07549


ジャンボこいのぼりは、童話祭のシンボルだそうです。・・・とっても昭和(^。^)。

でも、「た、楽しい?」

Dsc07550_2


 

 

 ここまで、順調に進んだのですが、なんだか雲行きが・・・(・_・;)

 

 

 湯布院ICを下りて、狭霧台へ(+_+) 

Dsc01930

1年前のこんな景色を楽しみにしていたのに・・・(と、過去写真)

 

Dsc06373

 

Dsc06375


小雨なので、なんとかなるかな。と思いながら由布川峡谷に向かいます。

 

K11を大分方面に向かい、城島高原パークを過ぎてK52へ乗り継ぎます。

 

由布川峡谷は、今、沢に下りられるところは2か所。

 

 そのひとつがこちらの「椿」

 

Dsc01893

 

 急な階段を傘をさして下っていくと、うっそうと茂った木々の間から見えてきました。

 

Dsc01873


Dsc01892

なんということでしょう!! 

 

Dsc01877

 いつものことながら、このスケールの大きさは私の腕では・・・無理です(笑) 

Dsc01879_2


このつるんとしたなめらかな岩肌は火山岩の浸食ということです。

 

Dsc01888


この「椿」から下流の「猿渡」までは探勝コースとして進むことができるそうです。 

 

もちろんそれなりの装備と、快適な天候が必要なようです。

 

急な階段を上って、駐車場から、その「猿渡」に移動。 

 

Dsc01894

トイレの2階には展望台が整備されています。売店もありましたが閉まっていました。

 

展望台からは日本の原風景が見られました。 

Img_1069

 ここから、また下りて行きましょう。 

 

Dsc01895_3


昭和3年生まれ(@_@。の石橋。木に隠れてわかりにくいですが、これ結構な高さなのです。 

Dsc01897


ここから、さらに沢へ下るのですが、雨も強くなり写真は(T_T)でした。

 

 

で、ここからは過去写真(1年前)を挿入、ご容赦ください<(_ _)>  

 

 

急な階段を下りて行きます(@_@。階段途中では離合不能です。 

 

Dsc06425


沢へ下りるとこんな風景が(^O^)

 

Dsc06453

 

Dsc06440_3

 

こちらが先ほどの石橋。

 

Dsc06443copy_2

  

Dsc06462

 

日によっては、滝の本数が変わるようで、この日は右側の滝だけでしたが、

 

写真の日(1年前)は、左側にもありました。

 

緑の沢の中、足を水につけてぼーっとしたかったのですが、今回は残念でした。

 

ご覧いただき、ありがとうございました(@^^)/~~~

 

 

 この後九重町に向かいました。

 

ポチっと ↓ していただければ、ウレシイです!!

 

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村 

 

カウンターがワルツになりました(^O^) 

Dsc07547

2013年6月27日 (木)

翔べ!オデ!! 北九州市 響灘北緑地

6月22日、高搭山から見えた響灘北緑地の、この橋についでに「オデかけ!」。

 

Img_1046

(電線がじゃまでしたweep

 

高搭山を下りて北へ向かい、響コスモス公園横の向洋橋の交差点をさらに北へ進みます。

 

 

見えてきたのがこの光景!!

 

Dsc01850

 

とても気持ちのいい橋ですhappy02 橋の向こうに見えてきますよ!

 

Dsc01851_4


家に帰ってわかったのですが、この橋まだGoogleマップにものっていませんでした。

 

(航空写真では橋げただけでした、なんか嬉しい)

 

写真奥の風車が見える所へ!!

 

 

Dsc01852

 

ここで思わず 「翔べ!オデ!!」

 

Dsc01856_3

「オデコプタ~!!」・・(失礼<(_ _)>)

 

 

さらに近付いて

 

海岸線は観光用に整備されていて、10機の風車がお出迎えです。

 

Img_1054

公園化されていて、東屋もあります。

 

 

Dsc01861_4

風車の高さ65m、羽の長さ35m。全高100m!!(@_@。

 

ブンブンうなって回っています!ほんとに風で回ってるの??という迫力!!

 

いきなり外れて、飛んできたらどうしようという、杞憂な心配をしてしまいます(笑)

 

 

アップで見ると

 

 

Img_1062_3

ドイツ製の風車ということです。

 

(ちょっと悔しいangry日本も原発でなくて、これで頑張ればいいのに・・マジでpout

 

 

ここからの風景を

 

Dsc01864

 

Img_1061_2

 

Img_1059_6

コンテナターミナルのキリンさんhappy02 お友だちもいますよ!!

 

 

Img_1066

ここは、北九州市の産業開発や環境保護(?)の新しい拠点として

 

エコタウンやビオトープを整備して発展を目指しているそうです。

 

天気のいい昼間に、また行きたくなりました(^O^)/

 

 

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

 

よろしければポチっとしていただくと、さらにうれしいです(^.^) 

 にほんブログ村 車ブログへ
にほんブログ村

2013年6月23日 (日)

北九州市 高搭山あじさい祭り

6月22日、もうそろそろあじさいも終わりかなぁと思いながらも、

 

北九州市若松の高搭山に「オデかけ!」ですcar

 

 

道幅は結構せまいので、ご注意を!

 

道沿いにもたくさんのあじさいがさいていました。

 

Dsc01815

 

Dsc01822_2


展望台周辺のあじさいは、盛りは過ぎているのもありましたが、まだまだ元気なも

のもありました。

 

Dsc01821


高搭山のあじさいは、密度が高い感じがします。

 

Dsc01825

Img_1051


Img_1053

山頂周辺だけでなく、山全体があじさいに包まれているようです。

こちらの目的はあじさいのほかにも、展望台からの眺めがあります。

 

高搭山は標高124mと低いのですが、その分街並みが近くに感じられます。

 

Dsc01838

 

では、ここから見えるいろんなものを!(ジオラマ調で)

 

東に若戸大橋、1962年開通、御年51才!!

 

Img_1025_2

Dsc01840

Img_1024_2

工業地帯

 

Img_1033_3


北に港

 

Img_1034


南にスペースワールド(子どもが小さい頃はよく行きました(^。^))

 

Img_1040


大谷ICからの北九州都市高速道路。(うねりぐあいが見事です(@_@。)

 

 

Img_1041


西に 河童封じの地蔵尊(近っ!) (^.^)

 

Img_1045

お堂がいい雰囲気です。

 

若松は河童の伝説があって、案内板にある話はけっこうエグイ表現でした(@_@;)

 

7月にはかっぱ祭りも行われるようです。

 

 

 

こちらは野外音楽堂。2人が気持ち良さそうです(^O^)

Img_1048

ここではロックイベント「高搭山JAM」が今年も9月22日(日)に開催されるそうで

す。シーナ&ザ・ロケッツのシーナさんの実家は若松でしたよね。

 

こちらのあじさいは、地域のボランティアの方々が、秋の土づくりからたくさん関わられているとのこと。いいもの見せていただきました。ありがとうございます<(_ _)>。

 

Img_1052

 

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

 

 ポチっと ↓ していただければ、ウレシイです(^O^)/

 

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

2013年6月17日 (月)

見帰りの滝 あじさい祭り2013 佐賀県相知町

6月16日。梅雨の合間の、貴重な晴れ(暑いほど)の休日。

 

佐賀県唐津市相知町(おうちまちhouse←ひらがなにするとなんかかわいい)

『見帰りの滝 あじさい祭り』に「オデかけ!」です。

 

 

福岡都市高速で荒津大橋を渡り、

 



巨人戦のあるヤフオクドームの横をホークスの勝利を祈りながら通り、

 

Dsc01709


西九州道から、かもめロード、再び西九州道で唐津方面に向かいます。

 

Dsc01715


(以前とほとんど同じですが、今回は画像があるぞ(^_^)/!!)

 

 

唐津ICで降りて、K40で約10km、快走路を走っていたのですが、

 

 

駐車場手前から600mほどの渋滞((+_+))

 

 

一瞬引き返すことも考えましたが、他に目的もなかったので、並んでみましょう。

 

 

40分くらい並んで、ようやく駐車場に着きました。(・。・;駐車代はただです)

 

 

沿道にはさっそく、数々のあじさい。それに負けないほどの人出。観光バスも来ています。

 

 

Dsc01718


大人の頭ほどの大きさ(他に例えようがないんかい!)のあじさい。

 

ほどよく水を含んでポンポンしてます。

 

 

Dsc01719


美化協力金で1人200円お支払い。

 

ここからは、シャトルバス(無料)で見帰りの滝に向かいます。

 

周りには出店もあり、にぎやかです。(トイレはちょっと・・・sadでした。人が多いからかな

 

 

上りのシャトルバス乗り場には、少々行列ができても、次々にバスがやってくるので、

 

そう待たされることはありません。バスも立派です。

 

(バスは一応上り専用ですが、下るのがきつい方は声をかけてもらえればOKだそうです。気配りがうれしいですね)

 

 

Dsc01721


結構な上り坂ですが、ものの5分ほどで「あじさい橋」に到着です。

 

 

Dsc01723


ここは渓谷になっていて、眺めも素晴らしいですよ。

 

あじさい橋から下流を望むと、

 

Dsc01730


その合間にあじさいが、咲きほこっています。

 

Dsc01725


そして、見帰りの滝。落差約100m、立派です!日本の滝百選にも選ばれています。

 

 

Dsc01744


Dsc01738_2


滝の近くにはたくさんの人々、

 

Dsc01736

 

Dsc01756


しぶきが気持ち良いです!!!

 

Img_0973

 

Img_0974_5

 

そばでは不動明王が見守っています。

 

Img_0964


あじさいと滝だけがコラボした画像を撮ろうとしても、この人出では難しいですね。

 

いっそ、にぎやかな画像のほうがいいのかな。

 

 

さて、滝も満喫したところで、下りは遊歩道を通って下りていきます。

 

遊歩道の脇には、たくさんのあじさいが見頃です。

 

Dsc01765Dsc01768


獲物を狙って蜘蛛も潜んでいます。

 

Dsc01769Dsc01773_2

遊歩道には、ところどころに休憩所、見どころがあって、

 

のんびり立ち止まりながら下っていけました。

雨の後はぬかるみが多そうですのでご注意を。

 

Img_0995Dsc01782

 

Img_0998Img_1005


遊歩道を出たところの、都荘で見かけたピラミッドアジサイ!!初めて見ました!!不思議な形です。

 

Dsc01779Dsc01781


さらに下ってシャトルバスの発着場の向かいの、整備された河川沿いは、

 

Img_1018


Dsc01783


ちょうど見頃でした!(赤がとてもきれいでした)

 

 

滞在時間約2時間。暑かったけれど、ゆったり過ごせました(^O^)/!!!

 

 

ここは範囲が広いので、あじさいは場所によって満開だったり、少し過ぎてたり、これからだったり。

 

 

あじさい祭りは6月30日までですが、今週が見頃かな。

でもシーズンオフ(わたし得意!!)に訪れても十分に楽しめるスポットです(^O^)/

 

 

 

長文(長ブログ)ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

 

 

 

 

 

 

シャトルバス発着場向かいのほたる橋に巨大生物(@_@;)

 

 

その仲間多数!!じぇじぇじぇ!!!!

Img_1010_2

よろしければ ↓ ポチっとお願いします(^○^)

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

2013年6月15日 (土)

回廊を巡る寺院 京都大覚寺 オデかけ番外編②

前回は大沢池で大いに(一人で)盛り上がったわけですが、

 

今回は落ち着いて大覚寺の本院に「オデかけ番外編」です(^O^)/

 

 

こちらは表門。明智門と二つ並んで立っています(なぜ?)

 

Dsc00271_2


こちらも風情のある御門です。きっとロケにも使われているのでは!

 

 

明智門からの石畳。白塗りの壁が雰囲気を出しています。

 

Dsc00273


式台玄関を通ると、神輿がお出迎えです。

 

 

Dsc00354

 

 

ここには、受付やお土産処もありますが、どちらもとても質素で落ち着いた感じです。

 

 

竹の印鑑が魅力的でした。(同僚が買っていました(^-^))2500円な~り!

 

 

Dsc00332_2


宸殿は装飾が素晴らしく、牡丹図が素敵です。

 

 

Dsc00335


ここから、この寺院独特の回廊を巡って進みます。

 

村雨の回廊。ネーミングがいいですねぇ。

 

 

Dsc00338

 

Dsc00349_2


床はうぐいす張りで、刀を振り上げられないように、屋根は

 

低く作られています。

 

 

この回廊から見える、勅使門。

 

広々とした庭と立派な御門が風格がありますねぇ。

 

 

Dsc00336

 

 

この勅使門の正面にあるのが、御影堂。

 

 

後で画像を見てそそられるものを発見!

 

 

Dsc00432


アップしてみると、じぇじぇじぇ!!

 

Dsc00432_2


かっこいい!!!!

別角度の画像では

 

Dsc00430_2


屋根の魔よけですが、ちょっとよくないですか。

 

何の生き物がモチーフなのでしょう?亀??

 

小さいけれど、しっかり睨みをきかせて、警備しているようです。

 

 

回廊の間には、感じのいい庭が、

 

 

Dsc00339

 

Dsc00435


季節ごとに目を楽しませてくれそうです。(だからなぜ2月に行く!!(+_+))

 

Dsc00350_3

いえいえ2月には2月なりの枯れたよさがあるのです。

 

人も少ないし!(と、言い聞かす(^◇^))

 

Dsc00351

 

Dsc00436


代々、天皇や皇統の方が住職を務めたという格式の高い寺院で、

 

 

落ち着いて、とても優雅な感じがしましたよ。

 

 

大覚寺、おススメです!!!!

 

 

そして、こちら!!!

 

 

初御朱印をいただきました!!!!

 

 

Img061_3
Img062_4

 

ではでは

 

いけばな嵯峨御流で

 

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

Dsc00437_5

P.S.(手紙じゃないって!)

大覚寺から下って、にぎやかな渡月橋

Dsc00357

嵐電に乗って、次に向かうのは・・・。

Dsc00358

オデかけ番外編③に続く・・・予定(笑)

よろしければ ↓ ポチっとお願いします(^○^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

2013年6月 4日 (火)

「必殺シリーズの聖地」京都 大覚寺大沢池 オデかけ番外編①

九州北部もついに梅雨入り・・sad

 

しとしと雨ふりでは、「オデかけ!」も気が進みません。

 

 

さて、こんな時はブログ初心者の強み!

 

時系列を無視して、アーカイブでいきましょう。

 

しかも番外編で、お送りします。

 

 

2月(また2月・・)、職場の旅行で関西に行きました。

 

1日目は食事や、なんばグランド花月でよしもと鑑賞!!

 

久しぶりの生新喜劇を堪能しました(^O^)/。

 

最近RKBはあまり新喜劇やってくれないのです(T_T)。

 

 

2日目はまるっきりのフリープラン。

 

さて、どこへおでかけ?せっかくの京都。

 

見どころはいっぱいありますが「必殺シリーズ」のファンとしては

 

外せない「聖地 大覚寺」に行きましょう。

大覚寺は、観光スポットとして超メジャーな嵐山の北にあり、

 嵯峨天皇の離宮を寺に改めた、1200年の歴史のある

 皇室ゆかりの寺院です。by  Wiki ( ..)φメモメモ

こちらは必殺シリーズをはじめ、ほんとに数多くの時代劇の

ロケ地として撮影された場所として有名です。

JR京都駅から、山陰本線trainで嵯峨嵐山駅まで片道230円です。

 

駅から15分ほど、民家の間を通って大覚寺まで歩きます。

 

(市バスbusなら門前まで来られますが、少し時間がかかります。)

 

ここからは、こちらを聞きながらいかがでしょう。

(画像が明るいので雰囲気が出ませんが・・(^。^))

川田ともこ「あかね雲」
YouTube: 川田ともこ「あかね雲」




 

Dsc00265


Dsc00330


さっそく見えました!このご門。必殺ファンの方、見覚えありませんか?

 

Dsc00421


「明智門」明智光秀の城門ということですが(それだけでもすごい)

 

私にとっては「南町奉行所」です!!

 

中村主水さんが出入りしていました。

 

そして。目の前のお堀には。

 

Dsc00422


 

仕置人(仕事人)が潜んでいたのです。

 

そしてこの石橋では、

 

Dsc00278


 

これまで、何人が仕置されてきたでしょう。

 

同僚を差し置いて、一人勝手に感傷(妄想?)に浸りながら、大沢池に向かいます。

 

 ここからは感涙のオンパレード!! 

Dsc00441

Dsc00329


 

天神島への道

 

Dsc00291


 

ほらほら、見たことあるでしょ!!

Dsc00293


Dsc00292


見えるんです!!

 

Dsc00325


 仕置人たちが集まっているところ!!(ほとんど病的!!)

 

Dsc00294

 

Dsc00447


こちらの天満宮と椎の木も!!

 

Dsc00446


 

Dsc00313


 

Dsc00314


この船も!!

Dsc00328


 心経宝塔も!!

 

Dsc00448

 

いやぁ、おなかいっぱいです(^◇^)。

Dsc00298


Dsc00295


ちょっと落ち着いて・・・、奥にある「嵯峨の竹林」は

Dsc00304


手入れが行き届いて、とてもきれいです。

Dsc00306


大覚寺の御門と大沢池だけで、ここまで書いてしまいました(*^_^*)。

 

 

 

見える人には見える、

 

見えない人には全く見えない((+_+))(でも素敵でしょ!)

 

マニアックなブログで失礼しました<(_ _)>。

 

 

 

御本院もとても素晴らしいので、

 

それは、またの機会にwink

 

 

ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~。

Dsc00302


アーカイブですので!!

よろしければ ↓ ポチっとお願いします(^○^)

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村