TRACE for oneself

The Long and Winding RoadⅣ

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

アクセスランキング

« 満開!河内藤園 | メイン | 平山天満宮 大楠  宗像・福津の気になるスポット② »

2013年5月 6日 (月)

河内貯水池 下りたり上ったり

河内藤園も見事ですが、

 

河内貯水池も見事です!

 

Img_0797

 

1901年に造られた官営八幡製鐵所の用水確保のために、

 

1919年に着工され、1927年に竣工。(Wiki情報)( ..)φメモメモ

 

Dsc01172copy

 

御年86才!堰堤はいまだに水漏れもないそうです。

 

沼田土木部長、凄し!!

 

それにしても、この造り

 

Dsc01176

 

矢を射るためとしか思えない天井部のへこみ、

 

一枚一枚、粉砕した石を重ね合わせた外壁、

 

まるで中世ヨーロッパのようです。

 

堰堤から見下ろすと・・

 

Dsc01179

 

そそられる光景が・・、下ったら上らないといけない・・・

 

ひざも痛いけど・・・・、行っちゃいましょう!

 

Img_0673

 

ここから入っていきます。桜公園として整備されています。

 

そうそう、堰堤前に駐車場がありますよ。

 

カーブになっているのでご注意を。

 

Dsc01184

 

こんな道を下っていくと、

 

Dsc01187

 

桜吊橋があります。これがけっこう揺れます(・。・;

 

木製展望デッキを上がると、

 

Dsc01189

 

ここにも中世の香りが、

 

Dsc01190

 

草のからまりぐあいも、いい味出してます。

 

亜字池噴水、これも石積みです。

 

Dsc01191

 

ここはベンチもあって、桜の季節はとてもにぎわったでしょう。

 

この時期はこの時期で、新緑がきれいで静かで

 

くつろげます。

 

 

堰堤の方に近づいていくと、もう一つの橋、太鼓橋です。

 

Dsc01195

 

中央が盛り上がった、薄い作りの橋です。

 

これも御年86才?なのかな??

 

ここから堰堤を見上げると

 

Dsc01198

 

まさに要塞!!モンスターです!!

 

拡大すると・・矢が飛んできそうです(笑)

 

Img_0656

 

一面の石積みもすごいの一言です。

 

プロジェクトXよりも前ですが、やっぱり日本人すごいです。

 

弁室は残念ながら、近づけませんでした。

 

 

さて、見るもの見たんで、えっちらおっちら上ります。

 

なんとか、上りきると駐車場の上にまたそそられるものが・・

 

行ってみましょう!!

 

 

すると、なんということでしょう!!

 

Img_0669

 

匠は皿倉山の自然の丸石をふんだんに使い、

 

外壁を完成させたのでした。【ビフォーアフター風に(^○^)】

 

 

さてさて見どころいっぱいの河内貯水池、

 

サイクリングロードをまわるのも気持ちよさそうです。

 

 

最後はやっぱりこの画像。河内貯水池といえば

 

Img_0675

 

めがね橋。

 

 

ご覧いただき、ありがとうございました(@^^)/~~~

よろしければ ↓ ポチっとお願いします(^○^)

 

にほんブログ村 車ブログ ドライブへ
にほんブログ村

トラックバック

このページのトラックバックURL:
http://app.blog.bbiq.jp/t/trackback/615283/31513673

河内貯水池 下りたり上ったりを参照しているブログ:

コメント

コメントを投稿