TRACE for oneself

バイクに乗って、トコトコのんびりおでかけ。

B禄太郎庵

The Long and Winding RoadⅣ

Lewa Lewa

にほんブログ村

  • にほんブログ村
Powered by Six Apart
Member since 04/2013

2017年9月20日 (水)

唐津・呼子ドライブ1 鏡山~からつバーガー


台風一過の18日


三連休最後の日に お隣の県へ「オデかけ!」




福岡都市高速を西へ


1004


「オデかけ!」記事は190件ほどあるのですが



ブログ左バナーのカテゴリ佐賀は・・・4件・・・・(^^;)



2006


今日は唐津・呼子周辺の宿題w物件巡りです




こちらから西九州道へスイッチです  


21005

この道のおかげで 唐津ずいぶん近くなってます




出発から1時間半ほどで、最初の物件に到着


唐津には何度も来ているのですが(オデかけ!前)、



ずっと塩漬けだったww 
鏡山です



3007


R202 唐津赤水交差点を左折するとすぐに上の大きな鳥居が現れます




4008


16カーブのくねくねを4kmほど上ると 鏡山の広い駐車場に着きます



さっ、うろちょろするよ~っ!!と車を降りた矢先


ハプニング\(◎o◎)/!



「がしゃんっ!!」・・・・聞きなれない音・・・・・・



カミさん、膝にのせていた百式を見事にw地面に落下 (''ω'')



ありゃぁ~りゃぁ~ 電源入れるとレンズは出てくる・・・


液晶もだいじょぶ でも・・・シャッターを押すと・・・・・


画像・・・・・まっちろ・・・・・・(;'∀')







う~ん・・・・・まっ しかたないっす (;´∀`)


ちょっと残念だけど、今日一日は楽しまなきゃねぇ(^-^)


※百式のその後は後日・・・・・ww




若干落ち込むカミさんと 鏡山うろちょろするよ~!




ここは初めて来たけど、立派な庭園 躑躅や桜の名所でもあるそうです


5009





6010


もう彼岸花のシーズンですね


7011



8012



西側の鏡山展望台へ


9013



右には さよひめ茶屋


10014




立派なつくりの展望台です


11015

こちらには 展望台 茶屋 テレビ塔のほかに


大きなモニュメントがあります




12016


松浦佐用姫伝説

537年、新羅に出征するためこの地を訪れた大伴狭手彦と佐用姫は恋仲となったが、ついに出征のため別れる日が訪れた。佐用姫は鏡山の頂上から領巾(ひれ)を振りながら舟を見送っていたが、別離に耐えられなくなり舟を追って呼子まで行き、加部島で七日七晩泣きはらした末に石になってしまった、という言い伝えがある

                     Wikiより  ( ..)φメモメモ


13017




展望台からの絶景!!!


いやぁ!これはお見事!!



14018


写真中央には 唐津城が・・・・見えないかww


15019


ちょっとアップして


16020


それにしても虹の松原の厚みって すごいです!


17021



高いところから定番のミニチュアモード


18022




19023


展望台にある広場 佐用姫舞台というそうです 


イベントもしてるようです


20024


もどって 駐車場のすぐ横にある 鏡山神社へ


21025


ご朱印はされていませんでした


22026





手水所の龍って 似てるけど 少し違いますよね




23027





24028



碑の前の狛犬くんたちがキュートです 



26029



もうひとつの展望台 駐車場から東の 「ひれふり展望台」へ


こちらは佐用姫が着物のひれをふって見送ったことからついた名前です


鏡山は別名「ひれふり山」ともいうそうです




展望は鏡山展望台のほうがありますが、平石積み状の塀がいい感じでした


27030

ここにはほどよい広場があって バズーカを立てた人生の先輩が・・・



もしかして・・・と思って、話しかけてみると


やはり「ハチクマの渡り」狙いの方でした!


「台風で止まっていたから、今日は凄いよ!」とおっしゃってました



思いがけず 鷹柱にも出会えました(^-^)



28031

※この時のレンズは16-85なので・・・・・(^^;)





神社や寺院や広場もあるし 全部は巡れませんでした



いい物件でした 



29032






30033


心地よい凸凹の登山道を降りて 唐津バイパス R202を再び西へ



バイパスは瀬田原三叉路で右折してR204に 呼子方面に向かいます



さらに 唐房入口交差点を直進してK23へ




次の物件は ご当地バーガーで有名な「からつバーガー 岩野店」さん


十年ぶりくらいの再訪 まだあってよかっぱww




31034

トレードマークの「からつバーガーバス」には屋根がかけてあります

このバスは動かないので 腐食を防ぐために必要ですよね





そして からつバーガーと言えば 虹ノ松原店さんが有名ですが 


人も多くて待ち時間も




32035


岩野店さんは、状況によりますが

この日の 待ち時間は ほとんどバーガー調理時間、

5分もしないでいただけましたw



33036


スペシャルバーガー2つ、車まで持ってきていただきました!



「からつバーガー」ですが 袋にはなぜか「からつのハンバーガー」ww

デザインも昭和ですwww 


なによりアツアツだよ(^-^)




34037


で、このボリューム!


パティに厚めのチーズ ハム たまご レタス!


ソースは ソース&ケチャップ系の懐かしい味




35038


ロケーションは良いとは言えませんが 味は変わらず一級品です!



すんごく美味しかったです(^_-)-☆




その2へつづく・・・・今回 その3まで行きそうです(^-^)


ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

ぽちっ ↓ としていただくと、励みになります(^_-)-☆



にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ
にほんブログ村





次はメジャーなこちらへ!


36039

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

2017年9月 4日 (月)

なつのおもひで3 夏井ヶ浜はまゆう公園



またまたタイムリーでない・・ちなみに8月中旬の記事です (;´∀`)

お付き合いいただければ幸いです(^O^)/


こちらも夏の定番


1


芦屋町 夏井ヶ浜はまゆう公園


ここは「恋人の聖地」になっている場所で よく鐘の音が響いていますよ


2


石畳には ハート形の石もあるということなので


探してみるのも いいかも・・・・・おっさんは もう・・・・(^-^; 




3


はまゆうは7月下旬から8月上旬が開花時期です 


中旬でも なんとか間に合いました




4


はまゆうはヒガンバナ科の植物です


6


日没後に芳香を発するそうだけど 昼にしか行ったことがないので わかりませんww


7


九州の自生地としては北限だけど


8


「九州の」なので「自生地」は 海沿いに神奈川県まで分布しています



9


ヒガンバナ科なのがわかりますよね


10



こちらには以前から トイレと2か所の駐車場があるのですが


道を挟んだ向かい側に 新しい公園ができてましたよ



11


扇形の駐車場 14台分くらいありました


12



看板はあるのですが 公園の名前はありません


まだついていないのかな



13


なだらかな丘を登った先には


14


屋根付きのベンチ  


15


こんな景色を見ながら 


17



まだ暑い時期だったけど 海からの風が 気持ち良かったです




18



せっかくなので オデをまわしてみます


入り口には自動のチェーンゲート

Img_0353001



開放時間は8:00~17:00です




真新しい駐車場でパシャリ


19



鐘のある はまゆう公園への道から


20


ロードライダーさんが 休憩されてました


21


☆この公園付近の海沿いの道は景色がとってもいいので

 路駐していることがあります ((+_+)) 駐車場あるのにね
 
 見通しが良くないところもあるので 対向車には気を付けてください



23



はい、夏休みの宿題 ようやく終了~ (*´▽`*)



ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~



ぽちっ ↓ としていただくと、励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村





iphoneのカメラって ちょっといじると こんなんなります   青っ!!www

22

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

2017年9月 2日 (土)

なつのおもひで2 平尾台目白鍾乳洞


では 夏の宿題の続きww


0


正八幡宮でアオバズクに会った後は こちらへ



1


日本三大カルストの一つ 平尾台です


昨年もアオバズク→平尾台 セットでした


正八幡宮から30分かかりません



その時は牡鹿鍾乳洞に行ったので 今回は目白鍾乳洞です



12

平尾台の真ん中 茶ケ床園地(ちゃがとこえんち)のすぐそばです



この日はカミさんは仕事だったのですが 久しぶりに長女がついてきましたww


最近サブ機になったD5200を使い始めて


「鍾乳洞ならついて行く!」「でも、虫はキライ!!」


どうすんの・・・・・ (^^;)



2


受付の建物の前には「世界最大のタイヤショベル」のタイヤ


グッドイヤー製で 新品のお値段は 一本3~400万円(受付のおじさん談)


採石場で使われてたのでしょうか 新品のころはもう二回り大きかったでしょうね


3


こちらで一人500円の入場料をお支払いして 



4


受付の建物を通って 少し下ります


5


このエントランスwが お見事!


6



62


苔むした巨石が いいですねぇ (*^-^*)


63



そして 雰囲気のある入り口


7



このさび加減も意匠もツボですww


8


入り口の扉を中から撮ると・・・


9



なんだか映画のセットみたいです


10


ではでは 中に突入!


11



見事な鍾乳石


12_2




13


ここも地下川が流れていました


142


柄杓もつきものですww  水 ほんとにきれいなんですよねぇ

143




15




こちらが一枚岩の天井 



16

鍾乳石の不思議な形とサラサラの天井とのコントラストが面白いです






なんとなく納得のネーミングw


17





18





19




20


目白洞は平尾台で一番長い洞窟で全長2kmあるそうです


でも、公開されているのは ほんの一部


奥には大きなホールや落差20mの滝もあるそうです



私たちは写真を撮りながら回ったので 30分くらい

ちゃっちゃっと回れば10分かからないくらいです




一時の涼と 地下の世界を楽しんで 地上の世界へww



21



暑いけど 光の世界はいいなぁwww


22




ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

ぽちっ ↓ としていただくと、励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村




目白洞の受付で平尾台のパンフレットをいただきました


23


広げると りっぱな大きさ


24




25



紙を見ておとなしくしてるはずもなく・・・・・


26


すぐに救出しました(;´∀`)


にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

2017年8月31日 (木)

なつのおもひで1 アオバズク2017


こんばんは!

8月も もう 終わりですね



でも・・・・「オデかけ!」には まだ 宿題が・・・・・(;´∀`)



というわけで タイムリーではない「オデかけ!」を・・・ww



1


8月上旬 この時期恒例の 行橋市正八幡宮さんへ


いつも通り、境内もとてもきれいです (^-^)



このご本殿の向かって右奥に いつものポイントがあります


2



今年も2羽のひなが孵って、親子4羽で枝にとまっていました


3


この時、とまってる場所は枝にかくされて見えにくかったのですが



なんとか撮れました (^O^)/



4


くりくりっとした目がかわいいですよね


5



モフモフしてるこの子 今年孵った子です


6



7



本日のベストショット (๑˃̵ᴗ˂̵)و


8


もう、南へ旅立ったでしょうか 渡りの無事を・・・(^O^)/





境内もちょこっと



回る玉 カエルくん 妙な貫禄がww


9




10




11




ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~



ぽちっ ↓ としていただくと、励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村




つづきは やっぱり ここ!


13

にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村

2017年8月27日 (日)

ヒバリカフェから滞迫峡 夏オデ2


はい!その2


葉祥明阿蘇高原絵本美術館さんで ブルービーを堪能した後・・・・



1


この後の予定は・・・・実は白紙・・・・(;´∀`)


とりあえず何か食べよう!


K298を戻って R57を東へ


2


宮地駅前交差点からK11 K110


3


阿蘇中央高校阿蘇清峰校舎近く


久しぶりの ヒバリカフェさんへ


4


カミさんは初めてです


5


敷地にはガレージもあって


6


オーナーさんはライダーさんなのでしょうね


7


南を向いた席で 阿蘇五岳を望みながら


8


定番のヒバリドッグ !(^^)!



10


ま~ったりしながら 次の物件考え中 こんな時間楽しいですよね


熟考3分 「行ってみたいリスト」から 滞迫峡に決定!


ここから1時間くらいの距離です




でも、この近くの物件にちょいと寄り道


犬役原の湧水 


110




阿蘇のマレーシアですww ま、それ以上はwwww



11



R57に戻って 再び東へ 竹田市へ向かいます



12


竹田へは九重の方から来ることが多かったので 阿蘇からは初めてかな


快走路でした (^-^)



滞迫峡は原尻の滝からK7を南下すればいいのですが


オデのナビが示した道は ちょいと違って



サンリブ竹田近くの玉来交差点を右折するルートを示しています


ま、行ってみよう!



K639  のどかな快走路 (^-^)



13


K8へ 思いもかけず竹田の湧水群がありました

中華そばの「こっとん」のあるところ ここ一回食べたいなぁ

助手席のカミさんは爆睡中だったので 写真はなし(^^;)




ここからK410へ はい!道もこの通り

分岐の道標も小さいですww



14



15



県道ですが ほとんど路地のようなところもw

16


周りの景色 日本の原風景です


17


K410から原尻の滝につながるK7へ 

ここから5kmほどで こちらの橋 


18

なんだか渡りたくなりますがK7は渡らずに右折です


K7はこのまま高千穂へつながるそうで、どこかなぁと思って調べてみると

天岩戸神社につながってました 道はやはり一車線のようです (^^;)


少し進んで 滞迫峡はこちらを左に進みます 


19


降りていく道は・・・ますます狭くなって 


20



でも すぐに大きな駐車場に到着! 


21



トイレや事務所もあるけど はい 貸し切りですw



22


降りたら上らなきゃなぁと考えながら こちらから


23


階段を下ると道が二手に分かれています 


左はすぐに通行止め

25


でも道は続いているみたいで 覗いてみると いい感じの滝 



26


右に行くと河原へ降りていく階段です 


この階段 段差が大きくて 膝が笑笑


27



はい!!滞迫峡です!!!


28

滞迫峡 


緒方町滞迫の一級水系大野川の支流奥岳川(奥嶽川)の上中流にある渓谷。おおいた豊後大野ジオパークのジオサイトの一つ。



29


阿蘇山の噴火によって堆積した阿蘇溶結凝灰岩を川の流れが削り取って形成された高さ数十mの断崖に柱状節理が発達しており、



30

宮崎県高千穂町の高千穂峡とよく似た景観を呈している 

Wikiより ( ..)φメモメモ





原尻の滝より上流の方にあるから緒方川につながってるのかなと、思ってましたが違いました



ここはさっきの滝から合流しているところ 


32


まさに清流! 水 澄んでとてもきれいです(^-^)



奥岳川なので googlemap では奥岳川渓谷ともなっています



33



川は緩やかにカーブをしていて、内側は柱状節理のがけ 外側は丸い小石の河原が広がってます



34




35






36




37

滞迫峡 よかとこでした (*^_^*)



さ、帰るよぉ~


一応 こちらでも休憩ww 水ちょっと少なめだったかな


38


瀬の本から 長者原を通って


39



久しぶりに九酔峡のクネクネ 


40

九重ICから ワープして帰宅


走行距離450kmでした!


ご覧いただきありがとうございました(@^^)/~~~

ぽちっ ↓ としていただくと、励みになります(^_-)-☆

にほんブログ村 写真ブログ 九州風景写真へ

にほんブログ村





ヒバリカフェさんで見つけた絵本 なつかしかぁ~


9



にほんブログ村 旅行ブログ 車旅(国内ドライブ)へ
にほんブログ村